今年の冬はどうなる?3カ月予報!

2013年10月1日

先日、3カ月予報と寒候期予報が発表されました。
今年の冬はどうなるのやら?
131001-01
★まずはこの秋。

10月~11月前半は 平年より気温が高い。

晴れて昼間は暑くなる日も多そうです。

つまり、秋の深まりが遅い
感じそうです。

★11月後半は 急に気温が下がりそうです。

暑い秋だったのに、急に冬がやって来た!
という感じです。

この影響で、紅葉の色づきは
平年並みか 平年より早くなるかもしれません。

紅葉は、急に気温が下がった時に
色付きが進むからです。

今のところ、近畿地方の紅葉の見頃予想は
11月中旬頃からです。

★そして、12月。
いよいよ本格的な冬!

寒候期予報(12月~2月)においても、
平年より気温が低く、
厳しい冬が予想されています。

その原因は?
日本付近で 偏西風が南に蛇行する予想です。
この場合、寒気が流れ込みやすくなるのです。

冬型の気圧配置が強まって、
日本海側の地域では
大雪の日が多くなるかもしれません。

今年の冬は寒くなる…
寒がりの私は、今から防寒対策を考えています。

インナーは長袖で温熱素材のもの(いわゆるババシャツ?)を重ね着する、
タイツは120デニールのもの、
仕上げはやっぱりダウンコート!

カイロは特売日にまとめ買い!

いわゆる冬支度です。
オシャレも楽しみつつ、
しっかり防寒できるように
今から少しずつ買い揃えようと思います。

131001-02
ヒガンバナがそろそろ見頃を終えそうです。

先月20日の彼岸入りした時はまだつぼみでしたが、
26日の彼岸明け頃には満開でした。

さすがヒガンバナだけあって、
彼岸の期間を知ってるんだな~と納得でした。

お天気キャスター 堀 奈津子