紅葉シーズンは目前に!

2013年10月29日

秋が深まってきましたね。
都市部の木々も、少〜しですがよく見ると、
色付き始めている葉もありますよ。

紅葉シーズンまであと少し。
近畿地方の見頃予想は、
例年並みの11月中旬頃からです。
131029-01
先日、六甲山に登ると、
まだ青々としている葉も多かったですが、
紅葉が始まった木もありました。

紅葉が色付く目安は、最低気温 8度 前後。
これを下回る日があってから、
しばらくして色付きが始まるとされます。

山は標高が高い分、気温が低いです。

そのため、紅葉前線は
山頂から平野部に向かって下りてきます。

地域的に見ると、
北海道から始まり北から徐々に南下します。

美しい紅葉の条件

1.昼と夜の寒暖差が大きい

2.日光がよく当たる
(特に夏の間に日照時間が十分あるといい)

3.適度な湿度
131029-02
水辺で染まる紅葉。
これも六甲山で撮りました。

山間にある、池やダムなどの水辺では
鮮やかな紅葉になります。

山間では寒暖差が大きくなり、
水面の照り返しで日差しが十分、
湿度もたっぷりです。

綺麗に色付く条件を満たしているのです。

そんなわけで、山の水辺の紅葉はオススメ。

紅葉スポットを選ぶ時、是非参考にしてみて下さいね。
131029-03
六甲山では、蝶がヒラヒラとそばに飛んで来ました。
人なつっこいのか?
携帯を近付けても逃げようともしません。
数分間ずっといました。
それどころか最後は私の顔を目がけて飛んできて、去っていきました。

お天気キャスター 堀 奈津子