台風シーズン、やっと終了

2013年11月1日

今年は台風が多かった…!
そう感じる方がたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

先月日本に接近した台風は6個
10月では観測史上 最も多い記録になりました。

今年の台風の記録は、
本日2013年11月1日時点で下記の通りです。

★台風の発生数 29
(平年11月に2.3個、12月に1.2個が発生しているので、
平年通りでも 今年は30号以上発生する可能性が高いです。
平年は25.6個なので、すでに3つも多く発生しています。)

★日本への接近数 14個
(平年は11.4個)

★近畿地方への接近数 4
(台風3号、18号、24号、26号 。
平年は3.2個。)
131101-01
台風18号。2013年9月15日 午後9時の天気図です。
翌日早朝、初めて大雨特別警報を発表。

過去に台風の発生数が多かった年と比べてみました。

観測史上最も発生数が多かったのは
1967年
発生数 39個、日本への接近数 13個、
近畿地方への接近数 2個。

発生数が2番目に多かったのが
1994年(1971年とタイ)。
発生数 36個、日本への接近数 15個、
近畿地方への接近数 2個。

1971年は
発生数 36個、日本への接近数 13個、
近畿地方への接近数 4個。

また、近畿地方への接近数が一番多かったのは2004年
発生数 29個、日本への接近数 19個、
近畿地方への接近数は なんと9個!!

このように記録を見ると、
発生数が多いからといって、
日本や近畿地方への接近数が
必ずしも多くなるとは限らないようです。

今年は、9月中旬頃からハイペースで台風が接近したので、
多く感じるのは無理もないですね。

今年はフィリピンの東の海上で、
台風の発生に大きく関わる 海面水温が、
平年より高い状態が続いた
ことが原因で
積乱雲の活動が活発になりました。

さらにフィリピンの東の海上に向けて
西からの モンスーンが平年より強く吹き込み
台風が発生しやすい状況が続きました。

今年の台風シーズンはもう終わり!
寒い冬へ向けて季節は進んでいます。
131101-02
外を歩いていると、何だかいい香りがする!
と思ったらキンモクセイでした。
ここ1週間ほど、見頃を迎えているようです。
131101-03
シニア世代の方にキンモクセイの話をすると、
お手洗いの芳香剤をイメージされる方が多いことに気付きました。

まだ水洗トイレが普及していなかった頃は、
濃厚な香りを利用して、
公衆トイレの傍に植えられることが多かったようです。

そんなこと知らなかったのでビックリ!
でも個人的には、すごく好きな香りです。

お天気キャスター 堀 奈津子