大雨に厳重警戒を

2013年6月20日

近畿地方では南部を中心に大雨となっています。


和歌山県の多い所では、一日で300ミリ近くの雨が降り、
平年の6月の1か月間に降る雨の量のおよそ4分の3が
1日で降ったことになります。


そして、今日の午前3時20分ごろには、
和歌山県の西川で、1時間に70.5ミリの
非常に激しい雨が降りました。


「非常に激しい雨」、どんな降り方なのか、想像できますか?


まず、傘は全く役に立ちません。
滝のように、ゴーゴーと凄まじい音を立てて降り、
周りがほとんど見えず、車の運転が出来なくなります。


1時間に80ミリを超えると
「猛烈な雨」となります。


西川での雨がどれだけ激しかったか、わかりますよね。


あすにかけても、大雨続きますので、厳重に警戒してください。
大雨が続く理由は、天気図をご覧ください。


130620-01


西日本に停滞する梅雨前線に、
あすにかけて本州に近づく、台風4号本体の雨雲が組み込まれます。


これで、梅雨前線がさらに活発化するのです。


台風4号の勢力は衰え、あす夜には温帯低気圧に変わる見込みですが、
その頃に近畿地方の南を通過していく可能性があります。


温帯低気圧とはいえ、影響は出ます。
風が強まり、海上では波が高くなります。
そして、雨脚も強まる恐れもあります。


今後の気象情報を確認するようにして下さい。


これまでの雨で、地盤が緩んでいる所が多いと考えられます。
雨が止んだとしても、突然災害が起きるということはあり得ますから、
しばらくは崖や斜面、川には近づかないようにお願いします。

お天気キャスター 堀 奈津子