俳句クラブ

 

  • 円き背の祖母の笑顔や干し大根

    投稿者 藪椿

  • 吉野家にヴォジョレヌーヴォとかありなん

    投稿者 きゅうもん

  • ふくろふの眼がわらつてゐない

    投稿者 きゅうもん

  • 梁山泊に炬燵を持つて来たのは誰だ

    投稿者 きゅうもん

  • 独坐大雄峰ほうほうふくろふ

    投稿者 きゅうもん

  • 梁山泊に子規漱石のゐて小春

    投稿者 きゅうもん

  • 空つぽの梁山泊や神無月

    投稿者 きゅうもん

  • なんとなく梁山泊にハンモック

    投稿者 きゅうもん

  • ハンモツク手足四本をもちあます

    投稿者 きゅうもん

  • ロレックスの手が垂れてゐるハンモック

    投稿者 きゅうもん

  • 秋の山 木々のお洒落 あでやかに

    投稿者 寝タヌキ

  • 復興し 見上げる空に 雪が舞う

    投稿者 おさむ

 

  • 雪屋の 思い出語る 親の夢

    投稿者 おさむ

  • 被災して 夜空を飾る オリオン座

    投稿者 おさむ

  • 断捨離のなかほどにある冬日

    投稿者 きゅうもん

  • 冬の日に翳して見たる系図かな

    投稿者 きゅうもん

  • どつすんと断捨離に落つ冬日かな

    投稿者 きゅうもん

  • 俎の短きを以てなす冬日

    投稿者 きゅうもん

  • 一枚の畠がための冬日かな

    投稿者 きゅうもん

  • 冬の夜の底に溜まつた失意

    投稿者 きゅうもん

  • 冬の夜のいちばん端にひとを待つ

    投稿者 きゅうもん

  • 冬の日のつくづく古希の身を照らす

    投稿者 きゅうもん

  • 花枇杷のさびしきいろを器に挿せる

    投稿者 きゅうもん

  • 暮れ泥む冬の日の狭さかな

    投稿者 きゅうもん

 

  • 着膨れて失せたる塔の痕を見る

    投稿者 きゅうもん

  • 柿干して のぞみのむこうに 孫の顔

    投稿者 涼

  • 同窓会 アルバム回して 一致して

    投稿者 涼

  • 老いてなお プールで体 引き締まる

    投稿者 しもやん

  • 雲流れ北山辺り時雨虹

    投稿者 安田 蝸牛 (やすだ かぎゅう)

  • 午下の陽の有ると思へば夕時雨

    投稿者 安田 蝸牛 (やすだ かぎゅう)

  • 淡海の岸の紅葉や隠れ里

    投稿者 安田 蝸牛 (やすだ かぎゅう)

  • 夕焼けの 下で歩くは だれのかげ

    投稿者 けいこ

  • 妻と行く正倉院の旅小春

    投稿者 安田 蝸牛 (やすだ かぎゅう)

  • 秋風に背戸の藪騒絶え間なく

    投稿者 安田 蝸牛 (やすだ かぎゅう)

  • コスモス野パステルカラーの風そよぐ

    投稿者 二尺

  • 落人の平家の里の柿たわわ

    投稿者 安田 蝸牛 (やすだ かぎゅう)

 

  • 日溜りを猫と分かつや文化の日

    投稿者 二尺

  • 豊作にありしや多き木守柿

    投稿者 二尺

  • 澄み渡る添水の音の苔の庭

    投稿者 安田 蝸牛 (やすだ かぎゅう)

  • さんま焼く匂い久しき路地通り

    投稿者 二尺

  • 枯園に利休の錆びし釣瓶かな

    投稿者 皆見元喜

  • ため息を受け入れている冬の川

    投稿者 璃紗

  • 哲学を考えている穴熊や

    投稿者 璃紗

  • 優しさをどこかへ捨てた十二月

    投稿者 璃紗

  • 響く声 親子よりそう 雪明り

    投稿者 おさむ

  • 夏の駅 愛の国から 幸福へ

    投稿者 おさむ

  • デジカメ買ひ花野の中をかけめぐる

    投稿者 きのと

  • 桔梗や老いてもきれいでいたきもの

    投稿者 きのと

 

  • 十薬や一人は寂しという女

    投稿者 きのと

  • 地球儀をまわすみかんを食べながら

    投稿者 きのと

  • 竹を伐る一瞬風の止まりけり

    投稿者 きのと

  • 年詰まる寄り目のこけし売られをり

    投稿者 香衣

  • マスクして人間関係苦手です

    投稿者 香衣

  • 朝練の 走る球児の 夏近し

    投稿者 もも吉

  • 子ら戻り ぬか漬けだけの 晩御飯

    投稿者 もも吉

  • 足早に 過ぎてく秋や もみじ山

    投稿者 もも吉

  • 大注連を吊り上ぐ若き声のする

    投稿者 里邑雨径

  • 万象を立体に化す初明り

    投稿者 里邑雨径

  • サルビアの燃ゆるや句友亡き後も

    投稿者 みなと

  • 駆け足にならないように春を待つ

    投稿者 璃紗

 

  • 氷解けやっとほぐれたわだかまり

    投稿者 璃紗

  • 街頭の篤志に留める赤い羽根

    投稿者 安田 蝸牛 (やすだ かぎゅう)

  • きらきらと光の踊る鳥威

    投稿者 安田 蝸牛 (やすだ かぎゅう)

  • 秋茜水辺の葦に羽根休め

    投稿者 安田 蝸牛 (やすだ かぎゅう)

  • 大銀杏散つた黄葉の大広間

    投稿者 無矩

  • 釣り人の赤いブルゾン水鏡

    投稿者 無矩

  • 琥珀色して眠りたる吊し柿

    投稿者 無矩

  • おでん屋に鍋携えて買い占める

    投稿者 柴紫

  • 生といふ長き影踏み月と呑む

    投稿者 里邑雨径

  • 不遇なる心に光いぬふぐり

    投稿者 みぢんこ

  • 微笑みに返るほほゑみ山笑ふ

    投稿者 みぢんこ

  • 楊貴妃の化粧崩れてぼたん雪

    投稿者 澄海

 

  • 君去りて石焼き芋の声を追ふ

    投稿者 一風堂

  • 凩や子らこらえたるにらめっこ

    投稿者 けーい○

  • 地球ごとくるりと愛を燕の子

    投稿者 南都 勝

  • 手のひらを浮かびあがらす焚火かな

    投稿者 団塊親父

  • 木がらしや床屋帰りの赤ちようちん

    投稿者 団塊親父

  • 日と影の山襞消えて暮早し

    投稿者 団塊親父

  • イワシ雲ドラの音けわし船出ずる

    投稿者 スーパーマン

  • 野路の秋石仏静か黒々と

    投稿者 スーパーマン

  • 新蕎麦やのどにころがす音たのし

    投稿者 スーパーマン

  • 秋刀魚焼く汗落ちる如く喰いてまろ

    投稿者 スーパーマン

  • 風邪の子の部屋の静さに母の動

    投稿者 スーパーマン

  • セーターを惜しさ解かれて妻に貸す

    投稿者 スーパーマン

 

  • 去年今年一夜越すごと夢もてり

    投稿者 スーパーマン

  • 農継ぐと二本足持ち案山子かな

    投稿者 スーパーマン

  • 新蕎麦や床に打ち合う一夜過ぐ

    投稿者 スパーマン

  • 小さきは打ち砕かれし野分かな

    投稿者 スーパマン

  • 山茶花や一花咲かし一片落つ

    投稿者 スーパーマン

  • 北風や巻かれ意に逆らふ猫背なり

    投稿者 スーパーマン

  • 水車にこんこんと見しが雪の花

    投稿者 スーパーマン

  • 投げ入れ小さきにあらず社会鍋

    投稿者 スーパーマン

  • 雪降れり使徒の抱擁聖夜かな

    投稿者 スーパーマン

  • 大寒や向かうば肌に通させじ

    投稿者 スーパーマン

  • 冬の夜の音引くされど眠りたし

    投稿者 スパーマン

  • かすか声手はいと間なく茶摘みかな

    投稿者 スーパーマン

 

  • 青き空手の高揚へ茶摘み唄

    投稿者 スパーマン

  • 母の背やまあるくなりをり眉の月

    投稿者 季鳥

  • 思春期に嫌った父や穴惑

    投稿者 季鳥

  • 十二月十一日母になりけり

    投稿者 季鳥

  • 冬の旅伴に文庫の山頭火

    投稿者 無矩

  • 大正の波打つ硝子冬館

    投稿者 無矩

  • ハスカップジャムを広ぐる小春かな

    投稿者 無矩

  • 冬うらら前向き駐車願ひます

    投稿者 無矩

  • 手解きの子にまた「待つた」冬日向

    投稿者 ポンタロウ

  • 木枯に背戸の藪騒絶え間無く

    投稿者 安田 蝸牛 (やすだ かぎゅう)

  • 端正の菊に苦労の偲ばるる

    投稿者 安田 蝸牛 (やすだ かぎゅう)

  • 秋蝶の風を纏ひて野に遊ぶ

    投稿者 安田 蝸牛 (やすだ かぎゅう)

 

  • 黄落の表を裏に舞ふ扇

    投稿者 安田 蝸牛 (やすだ かぎゅう)

  • 参道の紅葉且散る湖北寺

    投稿者 安田 蝸牛 (やすだ かぎゅう)

  • 稲稔り森の深にとけにけり

    投稿者 スーパーマン

  • 蟋蟀や鳴いて陰長始まりぬ

    投稿者 スパーマン

  • 蟋蟀「コオロギ」や鳴いて陰長始まりぬ

    投稿者 スパーマン

  • 冬の靄底なしポストかも知れぬ

    投稿者 無矩

  • 冬ざれやポストの口に噛まれぬか

    投稿者 無矩

  • 木枯に叩かれてゐる八十歳

    投稿者 無矩

  • ちらと見しお見合ひ相手花樗

    投稿者 みなと

  • はるけくも老いの速さよ稲光

    投稿者 みなと

  • 枯葉散る歩道彩る赤黄色

    投稿者 Chie

  • 掌に舞い降りてきた白い雪

    投稿者 Chie

 

  • 夕照を想ふ間も無き冬の暮

    投稿者 安田 蝸牛 (やすだ かぎゅう)

  • 吐く息にかすむ流れに揺らぐ木々

    投稿者 石

  • クレーンの下して揺れて冬の空

    投稿者 けーい○

  • カレンダー十ほどさげて師走かな

    投稿者 けーい○

  • 日矢射して寒天に立つ富士の嶺

    投稿者 安田 蝸牛 (やすだ かぎゅう)

  • 影描けば光射したる冬薔薇

    投稿者 もっく

  • 笑ひ声湯気の先より柚子かをる

    投稿者 もっく

  • コートから 去年の紅葉 母恋し

    投稿者 こねっち

  • 精霊が柿に宿りし赤く燃え

    投稿者 麦乃

  • 訣別の狼煙を上げる冬の蜂

    投稿者 麦乃

  • 息白く気を付けてねと手を振りぬ

    投稿者 ヤッチー

  • 州の出来て流れも細き冬の川

    投稿者 安田 蝸牛 (やすだ かぎゅう)

 

  • 音止みていつしか雪に冬の雨

    投稿者 安田 蝸牛 (やすだ かぎゅう)

  • 聖歌隊アルトパートのはずれをり

    投稿者 麦乃

  • 二切れのブリ大根で酒呑める

    投稿者 大和の雨蛙

  • つわぶきが咲けば華やぐ庭になり

    投稿者 大和の雨蛙

  • コスモスの迷路で迷う文殊院

    投稿者 大和の雨蛙

  • 来年も楽しませてよ鉦叩き

    投稿者 大和の雨蛙

  • 冬枯の眩暈の朝や湯を沸かす

    投稿者 麦乃

  • 収穫の喜び夜も喜寿ではな

    投稿者 大和の雨蛙

  • 一篇の童話に沈む冬の夜

    投稿者 麦乃

  • 来年の手帳がなんと百均で

    投稿者 大和の雨蛙

  • 天井も回る紅茶も回る 雪

    投稿者 麦乃

  • 冴ゆる夜をただ救いをるドヴュッシー

    投稿者 麦乃

 

  • 小春日や冬用布団干し終わり

    投稿者 大和の雨蛙

  • まだ死への準備はできず落葉掻

    投稿者 麦乃

  • 「準備中」札のゆらゆら冬灯

    投稿者 無矩

  • この先は闇の世界や冬灯

    投稿者 無矩

  • 口すぼめ湯呑みにむかう年の暮

    投稿者 英さん

  • 冬菊のすべて倒れて香の清し

    投稿者 彩楓(さいふう)

  • 風の中 師走の声が 駆け抜ける

    投稿者 チョイマル親父

  • 深々と 湯けむりたなびく 野沢村

    投稿者 きじ猫

  • 賀状書き終えて届きし喪の葉書

    投稿者 安田 蝸牛 (やすだ かぎゅう)

  • 児に取りて想ひの深き冬帽子

    投稿者 安田 蝸牛 (やすだ かぎゅう)

  • 一月の倦怠感をISS

    投稿者 ぐ

  • リラ冷えの友住む街に啄木碑

    投稿者 みなと

 

  • 紅梅色の間合い二月の通学路

    投稿者 ぐ

  • 三月の声響くドーナツの穴

    投稿者 ぐ

  • オリオンや手入れやります登山靴

    投稿者 豪汰のジイジ

  • マスクする妻の表情見誤る

    投稿者 安田 蝸牛 (やすだ かぎゅう)

  • 冬晴のゴルフ初老の空振りす

    投稿者 けーい○

  • 冬浜に雌のボールの転がれり

    投稿者 内藤羊皐

  • 冬深し妻早退のヨガ教室

    投稿者 内藤羊皐

  • 上履きを隠す四月のエンジェル来

    投稿者 ぐ

  • 水葬の気配の上がる霜夜かな

    投稿者 内藤羊皐

  • 五月を探す吾の魂は虹を抜く

    投稿者 ぐ

  • 六月の雑巾に訊く婚期かな

    投稿者 ぐ

  • 翩翻と冬の川ゆく更紗かな

    投稿者 内藤羊皐

 

  • 停電の宿や猪鍋火の回る

    投稿者 内藤羊皐

  • 七月の吻合部にて君を待つ

    投稿者 ぐ

  • モノクロのいのち八月の焼夷弾

    投稿者 ぐ

  • 新宿の喧騒九月を掻きむしる

    投稿者 ぐ

  • 十月のコーナー猛き牡馬の汗

    投稿者 ぐ

  • 瑞々し十一月の祖妣の口

    投稿者 ぐ

  • シロップの香の調剤室や十二月

    投稿者 ぐ

  • 台所 予定書きある 古暦

    投稿者 さくらんぼ

  • ひと休み 杖にかぶせし 冬帽子

    投稿者 さくらんぼ

  • 福袋 買い手売り手の 夢も入れ

    投稿者 さくらんぼ

  • 風邪の子や 待合室を 和ませし

    投稿者 さくらんぼ

  • 霜除の温情受けつけぬ野草

    投稿者 かつたろー。

 

  • 霜柱ほどの力も今はなく

    投稿者 かつたろー。

  • しもやけの小指おいしさうなまるみ

    投稿者 かつたろー。

  • 寒くなる知らせてくれる山茶花よ

    投稿者 大和の雨蛙

  • 温暖化気つけましょう冬の雷

    投稿者 大和の雨蛙

  • 拝殿の一羽の鳩や神の留守

    投稿者 だんかいおやじ

  • 古希迎へ多言はせざる西瓜畑

    投稿者 だんかいおやじ

  • 布団中夜咄浮かび目冴えて

    投稿者 季鳥

  • 過去なんぞ向いてたまるか春近し

    投稿者 璃紗

  • 白鳥を運命線で感じてる

    投稿者 璃紗

  • ふるさとへ鯛を返して小六月

    投稿者 麦乃

  • 冬ざれの街や仮面の人と逢ふ

    投稿者 麦乃

  • 歳晩やパントマイムのピエロの目

    投稿者 彩楓(さいふう)

 

  • 凩に奏でし鐸や塔が呼び

    投稿者 ?子

  • 婆は掃く孫は蹴散らす落葉かな

    投稿者 ?子

  • 血の管の狭きも問はず新走り

    投稿者 ?子

  • 夢もまた試飲に並ぶ新走り

    投稿者 ?子

  • 海暮れて羽音忙しく遅れ鴨

    投稿者 ?子

  • 誰ぞ来た花筒残る枯れし菊

    投稿者 ?子

  • 枯野行く柩の母の子の手引く

    投稿者 ?子

  • 枯野にも命乍らふ虫もをり

    投稿者 ?子

  • 燃えるほど枯れた老人日向ぼこ

    投稿者 ?子

  • 日時計の影柔らかし春の園

    投稿者 椋本望生

  • 街のものみなとんがらす十二月

    投稿者 椋本望生

  • 掛けぶとん踏まねばゆけぬ四畳半

    投稿者 椋本望生

 

  • ちやんちやんこかつての鳥も舟を漕ぐ

    投稿者 椋本望生

  • 来客は風音ばかり年の暮れ

    投稿者 一風堂

  • 母の手や動く編棒冬作り

    投稿者 ?子

  • 訪ね来る杖が伊賀へと時雨の忌

    投稿者 ?子

  • 八咫烏寄り来るやうな淑気かな

    投稿者 椋本望生

  • 極月のことに七十路ローン組む

    投稿者 椋本望生

  • 六度目の亥年ことほぐごまめかな

    投稿者 椋本望生

  • 沸騰の尉にまた描く火箸かな

    投稿者 椋本望生

  • ほろ苦き七十の銀歯五万米噛む

    投稿者 椋本望生

  • 山火事の匂ひを纏ひ闇に寝る

    投稿者 きゅうもん

  • 梁山泊に歌留多を置いて来ちまつた

    投稿者 きゅうもん

  • ふくろふの眼は嗤つてはゐないはず

    投稿者 きゅうもん

 

  • 冬の夜の一番端に置ける紐

    投稿者 きゅうもん

  • 北颪連れ出稼ぎの父帰る

    投稿者 きゅうもん

  • 吾が心房に棲む隙間風

    投稿者 きゅうもん

  • あの歌に煽られクリスマスクリスマス

    投稿者 きゅうもん

  • 紅早生を?ぐ手袋も同じ紅

    投稿者 みかりん

  • 凍星やジャズの流るる田舎駅

    投稿者 みかりん

  • ことしまたあの声のクリスマスクリスマス

    投稿者 きゅうもん

  • トーキョーのプラスチックなクリスマス

    投稿者 きゃうもん

  • 寝返りをうちクリスマスやり過ごす

    投稿者 きゅうもん

  • 黄鴨脚(きかもあし) 枯れヒマワリに そっと落ち 

    投稿者 きゅあ

  • 霜の電柱野良犬のマーキング

    投稿者 ポンタロウ

  • 水枯るる今は休みし農水路

    投稿者 うまっくさん

 

  • 神の留守祈願するのは帰って来て

    投稿者 だんかいおやじ

  • 冬の蠅季語に似つかぬ蠅もゐる

    投稿者 だんかいおやじ

  • 雲払いどんと四股踏む冬の虹

    投稿者 英さん

  • 打つことに躊躇ひ残る冬の蠅

    投稿者 安田 蝸牛 (やすだ かぎゅう)

  • 屏風絵の落武者姿心悲し

    投稿者 安田 蝸牛 (やすだ かぎゅう)

  • 椴松の空行く雲や十二月

    投稿者 みなと

  • 角巻や背に泣きやむ子の寝息

    投稿者 じゃすみん

  • 平成の最後の仕上げ大晦日

    投稿者 柳谷益弘

  • 藍白の空打ち叩く初鴉

    投稿者 冬のおこじょ

  • 枯蓮や煤煙うかぶ港町

    投稿者 北村 崇雄

  • 冬草の隙間に土の光をり

    投稿者 北村 崇雄

  • みそさざい中洲の縁は苔まみれ

    投稿者 北村 崇雄

 

  • 手袋を脱げぬ車内やかじけ猫

    投稿者 北村 崇雄

  • 明け遣らぬ街に高啼く寒鴉

    投稿者 安田 蝸牛 (やすだ かぎゅう)

  • 枝に雪鱗片葉に笑みこぼる

    投稿者 薫風

  • 極月の風の強さよ生き急ぐ

    投稿者 じゃすみん

  • 蜜柑もぐ揺らめく太陽宥めつつ

    投稿者 じゃすみん

  • 強月の昼網吟行主婦の顔

    投稿者 うまっくさん

  • 母は亡くそして世間はお正月

    投稿者 かぐや姫

  • 母さんの煙は彩雲となりて

    投稿者 かぐや姫

  • 喪中とはしっかり今日を生きること

    投稿者 かぐや姫

  • 眼差しの優し天皇誕生日

    投稿者 安田 蝸牛

  • 人波に抗して歩く歳の市

    投稿者 安田 蝸牛

  • 湖の蒼き波紋や星冴ゆる

    投稿者 みやこわすれ

 

  • 凍星や揺れて葉先の真珠色

    投稿者 みやこわすれ

  • 本当のことは見えない 冬薔薇

    投稿者 みやこわすれ

  • 空色のジュークボックス春の風

    投稿者 みやこわすれ

  • 穴惑いのっぴきならぬ封書きて

    投稿者 あめんぼう

  • 落葉掃く婆のまつ毛にひとしずく

    投稿者 方城奈都美

  • 足下へ走り来る子にもらふ風邪

    投稿者 青海也緒

  • 杖並び憲法九条日向ぼこ

    投稿者 オカザキイサオ

  • 洗濯の干し場犯して懸け大根

    投稿者 ボケ爺

  • 鮒ずしの味に馴染めず雪の宿

    投稿者 ボケ爺

  • 一日のバス四便や雪籠り

    投稿者 ボケ爺

  • 驚きの声にお澄まし帰り花

    投稿者 ボケ爺

  • 葬列に愛犬も居て山眠る

    投稿者 ボケ爺

 

  • 陽の当たる玻璃に動かぬ冬の蠅

    投稿者 ボケ爺

  • 人恋ひし故郷(さと)恋ひしくて鴨帰る

    投稿者 ボケ爺

  • 晩秋や休日診療所の無音

    投稿者 胃痛

  • 着信のタイムマシンや風爽か

    投稿者 胃痛

  • 冬の夜猪親子闊歩する

    投稿者 大和の雨蛙

  • 古民家にどこから来るか隙間風

    投稿者 大和の雨蛙

  • 吹きあがる風に泣かされ山仕事

    投稿者 大和の雨蛙

  • 柚子風呂が覚めてしまうと怒鳴り声

    投稿者 大和の雨蛙

  • 山眠る間にヒノキ枝を打つ

    投稿者 大和の雨蛙

  • 山仕事一息入れる山イチゴ

    投稿者 大和の雨蛙

  • 一仕事終えて束の間暮早し

    投稿者 安田 蝸牛 (やすだ かぎゅう)

  • 独り居て聞くと思はず雪の声

    投稿者 安田 蝸牛 (やすだ かぎゅう)

 

  • 荒磯に吠えて逆巻く寒怒涛

    投稿者 安田 蝸牛 (やすだ かぎゅう)

  • 凩や災の確かな捌き筆

    投稿者 みなと

  • 湯豆腐や達磨も解脱眉うごき

    投稿者 ?子

  • 凩やハングルの靴泳ぎ来て

    投稿者 ?子

  • 背に何か載せて来さうな鴨来たる

    投稿者 ?子

  • 大内宿官軍来さうな曲がり葱

    投稿者 ?子

  • 弁慶の手足も足らず年の暮

    投稿者 ?子

  • 樹木希林西城秀樹に葱刻む

    投稿者 下町おたま

  • ファインダー遙か初富士ひきよする

    投稿者 下町おたま

  • 初日さす富士に逢ひたりネット上

    投稿者 比良山

  • 一枚の函渠の落ち葉吾の如

    投稿者 比良山

  • 米櫃や銚子岬の金目漁

    投稿者 比良山

 

  • 年金者ブロッコリ止め小松菜に

    投稿者 比良山

  • 手習ひの英語漢語や漱石忌

    投稿者 比良山

  • 此処と決め動かぬパンケ青蜆

    投稿者 みなと

  • 冬満月なほさら白き屯鶴峯

    投稿者 無矩

  • 山茶花の並ぶ薄闇花の散る

    投稿者 無矩

  • 冬凪の淵に映りし屏風岩

    投稿者 無矩

  • 地下鉄の風に煽らる木の葉髪

    投稿者 エリ

  • 雪起し二万光年の胴震ひ

    投稿者 じゃすみん

  • 式典の恩師の生き様冬木立

    投稿者 じゃすみん

  • あの世まで酒とお前と寒の餅

    投稿者 台所のキフジン

  • 元日の着信児童相談所

    投稿者 ぐずみ

  • 丹前の右に傾く貝の口

    投稿者 有瀬こうこ

 

  • 野仏の眷属薮蚊かもしれず

    投稿者 蔵田 ひろし

  • 黴匂ふ百鬼夜行の闇にかな

    投稿者 蔵田 ひろし

  • 幸せは自分で決める寒北斗

    投稿者 みやこわすれ

  • 月凍るネイル剥がれし名無し指

    投稿者 みやこわすれ

  • アカペラの声透きとふる聖夜かな

    投稿者 あめんぼう

  • なかなかに終わらぬ話冬の草

    投稿者 あめんぼう

  • 背の母のあまりの軽き啄木忌

    投稿者 ?子

  • 冬の風間歩吹き抜ける銀工夫

    投稿者 ?子

  • 寒牡丹嚏も咳も憚りて

    投稿者 ?子

  • 産土も博徒に頼る寒さかな

    投稿者 ?子

  • そそり立つ立山連峰鰤を待つ

    投稿者 ?子

  • 運動の第二法則鳳仙花

    投稿者 腹胃 壮

 

  • 時の日や空缶拾ふホームレス

    投稿者 腹胃 壮

  • 次々とノックをさるる西瓜かな

    投稿者 腹胃 壮

  • 盛大に棒で撲たるる西瓜かな

    投稿者 腹胃 壮

  • 踏み行くや子と落葉の距離近し

    投稿者 青海也緒

  • 脳味噌の皺の延びきる残暑かな

    投稿者 腹胃 壮

  • 時の日のタイムカードの重さかな

    投稿者 腹胃 壮

  • 煙突の遠き火葬場蟻の道

    投稿者 腹胃 壮

  • 風死すや帽子の鍔に塩の波

    投稿者 腹胃 壮

  • 物の怪の集ふ渋谷や十月尽

    投稿者 腹胃 壮

  • 沛然と射抜く晩夏の光かな

    投稿者 腹胃 壮

  • 掌の新米を嗅ぐ農夫かな

    投稿者 腹胃 壮

  • 蜜柑むく牛には鼻毛ないんやで

    投稿者 のら高生

 

  • あの風で 鈍色枯れた 葉を想ふ

    投稿者 きゅあ

  • 重力に時々背く落葉かな

    投稿者 腹胃 壮

  • 流星や競走馬運ぶトラックの刹那

    投稿者 文鳥

  • 風遊ぶ音戸の瀬戸や小春凪

    投稿者 中西柚子

  • 磨きたる床に紅葉のにほひ立ち

    投稿者 中西柚子

  • クレーンの恐竜めける霧の海

    投稿者 中西柚子

  • 指先の塩素の匂ひ冬の雷

    投稿者 中西柚子

  • 大正の昭和の鳥居初詣

    投稿者 無矩

  • 強面が孫の指図で蜜柑むく

    投稿者 無矩

  • 点されぬ常夜燈にも冬灯

    投稿者 無矩

  • 三界に家なしゴージャスな柚子湯

    投稿者 七瀬ゆきこ

  • 傷痕はいまあるしるし寒椿

    投稿者 七瀬ゆきこ

 

  • 終活つつがなく勤勉な落ち葉

    投稿者 七瀬ゆきこ

  • 重ね着の三枚目からママきらい

    投稿者 七瀬ゆきこ

  • 流氷へおちてシナリオ閉じる音

    投稿者 七瀬ゆきこ

  • 寒月が銀の爪先尖らせり

    投稿者 次郎の飼い主

  • セロファンの青ぱらぱらと風花す

    投稿者 次郎の飼い主

  • 斜交ひに空を占めたる冬銀河

    投稿者 安田 蝸牛

  • 凍鶴や垂水の沖の大型船

    投稿者 北村 崇雄

  • 蟻喰いの形の日影や龍の玉

    投稿者 北村 崇雄

  • 市の歌の流るる街や冬入日

    投稿者 北村 崇雄

  • 鰤起し鏡に映る顔清し

    投稿者 北村 崇雄

  • 冬夕焼べっこう飴の棒になる

    投稿者 北村 崇雄

  • 不審者かハンズフリーか都鳥

    投稿者 北村 崇雄

 

  • 煙道の先端のもや冬柏

    投稿者 北村 崇雄

  • 緑消ゆ待合室の虹の冬

    投稿者 北村 崇雄

  • 股引や昨夜の月に見送られ

    投稿者 北村 崇雄

  • 鬼はそこまで来ているか枯芒

    投稿者 北村 崇雄

  • 舗装車の轍湯気立つ年忘

    投稿者 北村 崇雄

  • 草臥れた靴で出掛ける朽葉かな

    投稿者 北村 崇雄

  • 真夜中の木枯し耳に寝息かな

    投稿者 山茶花

  • 吾の部屋は安全地帯冬怒涛

    投稿者 山茶花

  • 耳たぶの色うつくしく大根引く

    投稿者 比々き

  • 君らしく君ゐて笑ふ片時雨

    投稿者 比々き

  • 愛犬の足型咲かす染初

    投稿者 みなと

  • 墨の香や俯きがちに寒椿

    投稿者 富山の露玉

 

  • 言葉なく冬虹送るラインかな

    投稿者 富山の露玉

  • 工具箱開けば父や冬の天

    投稿者 露砂

  • 感蜆食うてまたぞろ飲みに出る

    投稿者 台所のキフジン

  • 雪なれば雪成ればこその悲しみの

    投稿者 台所のキフジン

  • 庭石に苔立ち上がる冬至かな

    投稿者 本上聖子

  • 白杖のひと黄落を探りくる

    投稿者 本上聖子

  • 暖炉燃ゆサラマンドラを掻き雑ぜて

    投稿者 本上聖子

  • 好きずきに四隅を使い囲炉裏端

    投稿者 本上聖子

  • 蓮根を掘れば無の字に浮き上がり

    投稿者 本上聖子

  • 覚えある蔵人束ね杜氏来る

    投稿者 本上聖子

  • たまさかに良きもの混ぜて寒施行

    投稿者 本上聖子

  • 落葉を木枠の中に醸しけり

    投稿者 腹胃 壮

 

  • 落葉の醸されてゆく木枠かな

    投稿者 腹胃 壮

  • 箒目や僧の頭の蚊に喰はれ

    投稿者 腹胃 壮

  • レジ待ちの鼻腔に沁むるおでんかな

    投稿者 腹胃 壮

  • 冬木立風の音符をつかまえる

    投稿者 寿々

  • 木枯がドレミの次を歌ってる

    投稿者 寿々

  • 星凍てて吾はプライドの微熱

    投稿者 七瀬ゆきこ

  • 雪降るや点灯を待つ子らの口

    投稿者 山茶花

  • わがスノードーム降りつもらせ聖夜

    投稿者 まどん

  • 忘れたが口癖みかん食ふ母は

    投稿者 まどん

  • 凍星やかつては宿場町であり

    投稿者 くらかたさらさ

  • 黄昏の櫛にまつわる木の葉髪

    投稿者 くらかたさらさ

  • 凍て空に 息を吹き掛け 綿菓子に

    投稿者 こばやんぐ

 

  • クリスマス小さな嘘をつきました

    投稿者 樫の木

  • 背を伸ばせ進む先には冬銀河

    投稿者 洒落神戸

  • レコードの溝の渓谷梟来

    投稿者 樫の木

  • 伝票にコーヒー零す夜業かな

    投稿者 腹胃 壮

  • 塵芥水面に浮かぶ寒さかな

    投稿者 彩楓(さいふう)

  • 狼は兜太は吼ゆる山未踏

    投稿者 彩楓(さいふう)

  • 煙突の筒傾げ行く焼き芋屋

    投稿者 山内彩月

  • 紅色の記憶のかけら石榴の実

    投稿者 山内彩月

  • はらっても黄はらっても赤山紅葉

    投稿者 山内彩月

  • 蓋を取る贅ゆどうふの夜は白

    投稿者 山内彩月

  • 空腹を抱える夜や冬の鳥

    投稿者 洒落神戸

  • 窓を打つ雨の音さへ冬の朝

    投稿者 彩楓(さいふう)

 

  • ハーモニカ深呼吸して寒昴

    投稿者 天野姫城

  • 冬銀河赤き砂漠のバラ目覚む

    投稿者 彩楓(さいふう)

  • 挽き立ての豆の香高し小六月

    投稿者 彩楓(さいふう)

  • 冬晴や今日は私の誕生日

    投稿者 彩楓(さいふう)

  • ふるさとに亡き色町やお正月

    投稿者 ぐずみ

 

最優秀句・優秀句はこちら

 

過去の投稿作品はこちら