picture
番組紹介
大阪情報箱
毎週日曜 13:55〜14:00
「大阪情報箱(BOX)」は、大阪府提供の情報番組です。
大阪府の事業やイベントなどを楽しくわかりやすくお伝えしています。生活や仕事から遊びまで色々な役に立つ情報が満載!是非ご覧下さい。
前回放送内容
8月8日(日)子ども110番
特集

○みなさんは、「こども110番の家」というのをご存知でしょうか。このようなステッカーや旗が掲げられている家やお店などは、子どもが危険を感じた時に駆け込んで、助けを求めることができる場所になっているんです。子どもの安全を脅かす事件が増えている今、こうした取り組みが注目されています。

 

○「こども110番の家」は、普通の家やお店に限られてはいません。このタクシーは「こども110番タクシー」なんです。走行中に子どもが危険な目にあっているのを発見した場合には、すぐに救助や保護に向うことになっています。この取り組みを始めたのは、枚方市に本社を置くタクシー会社。今年3月から、150台すべての車両に「こども110番の家」のステッカーを貼って走行しています。

 

○タクシー会社 田口 茂樹社長のインタビュー

「我々はこども110番の動くおうちだ!なお且つ、区画街路を走り回ってます。我々の会社で150台。そうすると、子どもさんのより安全なまちづくりには、我々が寄与できるんじゃないかと…子どもさんが楽しく安全に安心して遊んでいただく…と。」

 

○タクシーならではの強い味方もあります。「GPS無線」です。緊急の場合、乗務員は、すぐにこの無線で警察とタクシー会社に連絡し、場所や状況などを知らせることができます。毎日、まちの中を走り回るタクシーが、地域の子どもたちを、あたたかく見守っているんですね。

 

○ところで、「こども110番」運動をさらに広げていくため、大阪府ではいろいろな団体などに協力をよびかけています。この日、大阪府職員が訪れたのは、府内の整骨院・接骨院をまとめる大阪府柔道整復師会です。子どもが安心して暮らせる環境をつくるための取り組みに、団体をあげて協力してくれることになりました。

 

○そして、大阪市内にあるこちらの整骨院にも早速、「こども110番の家」のステッカーが貼られました。現在、府内にあるおよそ1600軒の整骨院・接骨院が、「こども110番の家」になっています。こうした協力の輪をさらに広げていきたいですね。

 

○今月は、「こども110番」月間です。そこで、「こども110番」運動を多くの人に知ってもらおうと、今日の午後2時30分から、堺市の泉ケ丘駅前噴水広場でキャンペーンを行います。お近くの方は、ぜひお立ち寄りください。


大阪フラッシュ
○今月16日から20日まで、ワッハ上方で「上方芸能まつりinミナミ2004」が開かれます。雅楽や能・狂言、上方舞、落語・漫才といった上方芸能の公演が行われます。詳しくは、下記まで。
ワッハ上方(府立上方演芸資料館)  大阪市中央区難波千日前
TEL 06-6631-0884  FAX 06-6636-1996
URL http://mic.e-osaka.ne.jp/kamigata/main/mainsin/main-page.htm

○8月は北方領土返還運動強調月間です。
ただいま、「北方領土返還要求運動」の標語を募集しています。締め切りは、9月30日。応募方法など詳しくは、下記まで
<お問合せ>〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町7-1上智紀尾井坂ビル独立行政法人北方領土問題対策協会
TEL 03-3263-7691 FAX 03-3263-7693
次回放送予定
8月15日(日)13:55〜14:00
戦争体験を伝える「ピースおおさか」

大阪府のホームページへ


各ページに掲載された記事・写真等の無断転用を禁じます。
Copyright (C) 1996-2004 Television Osaka Inc. All Rights Reserved.