なにコレ!?のTOPへ戻る

なにコレ
今までの掲載分はコチラ

2002年


2003年


2004年

12月10日放送 走れ!夢の超特急!新幹線レールスター人気の舞台裏







【ナレーター】
関口伸

 

夢の超特急といわれた新幹線は、もはや人々の日常生活に溶け込んでいる。しかし、最新鋭の設備やそれらを支える舞台裏の苦労は意外と知られていない。

 今回はその中でも特にJR西日本管内だけを走る最新鋭新幹線「ひかりレールスター」を中心に超特急の魅力とそれを支えるプロフェッショナル達を紹介する。 

 新幹線には100系、300系、500系、700系など形状によりさまざまな種類のものがある。ひかりレールスターは2000年にデビューした700系に属する最新型。最高時速は285キロ。山陽新幹線にしか走行していないという。 カメラが運転席に潜入。最高時速285キロのスピードで走るコックピットの運転士に迫る。中にはベテラン運転士に混じって奮闘する女性運転士の姿が・・・。なんと彼女の父親も新幹線の運転士。カメラは女性運転士に密着、その仕事ぶりや苦労を紹介する。

その他黄色い新幹線「700系ドクターイエロー」を紹介。安全を守る新幹線の知られざる仕組みを紹介する。

 さらに「新幹線の総合病院」といわれる博多総合車両所を取材。45万キロを走行する車両の安全を確保するために行われる最新鋭設備と、熟練の技とは?

 レールスターの内部の様子はもちろん沿線の駅弁なども紹介する。


各ページに掲載された記事・写真等の無断転用を禁じます。
Copyright (C) 1996-2004 Television Osaka, Inc. All Rights Reserved.