なにコレ!?のTOPへ戻る

なにコレ
今までの掲載分はコチラ

2002年


2003年


2004年

6月10日放送 「人気サーカス団ふしぎ世界の舞台裏完全密着」







【出演】密着モノのためタレントはなし 

【ナレーター】野沢雅子

老若男女だれもがスリルと感動を体験できるサーカス。

技に圧倒される空中ブランコや動物のショー・・・。

時には、ピエロのユーモラスなしぐさに笑う・・・。

みなさんはそのエンターテインメントの裏側をご存知だろうか?さらに公演地から公演地へと移動する団員たちの生活はどのようなものだろうか?今回のなにコレ!?はその知られざる舞台裏を紹介する。

 

昭和7年に設立された「キグレサーカス」は、団員80名の歴史あるサーカス団だ。

彼らは、今年元旦から横浜のみなとみらいで公演を行っていた。彼らの繰り出す華麗な技は常に危険ととなりあわせだ。団員に緊張が走る。違う出番の団員が出し物の準備に追われている。

 

団員の中には小学生もいる。小2のころからピエロ役で出演している木暮優稀君(小5・11歳)だ。優稀くんは4人家族の長男。年中旅から旅を続けて生活している。父慎二さんは団員をまとめる芸能部長。バイクショーなどに出演している。慎二さんは、優稀君が小学校にあがるとき一緒にくらすかどうか、優稀くん自身に選ばせたという。親としては危険もある仕事なのでやらせたくない気持ちがあるからだ。
 

サーカス団は集団生活を送っている。彼らはテント裏のコンテナハウスで暮らし、風呂トイレは共同だ。横浜公演が終了した。公演の終了は優希君の転校を意味する。2月、横浜の小学校への最終登校日がやってきた。慎二さんは「せめてこのくらい」と車で優稀くんを送った。5限目は優稀くんのお別れ会。すこしさびしげな優稀くん。

28回目の転校だった。そのほか公演中の団員らの結婚式や猛獣の危険な訓練などの模様を紹介する。


 


各ページに掲載された記事・写真等の無断転用を禁じます。
Copyright (C) 1996-2004 Television Osaka, Inc. All Rights Reserved.