千の風に吹かれて

2013年10月28日(月)

久しぶりに淀川堤防をウォーキングしました。普段の休日ならサッカーやラグビーの試合でにぎわう河川敷のグラウンドも、台風の大雨で上流から流された木などの処理作業でまだ使えない状況。
 
そんな中朝から大勢の人でにぎわっている場所がありました。
赤川仮橋です。
地元では通称「18門鉄橋」という呼び名で親しまれてきました。
貨物線として使っている線路を今後乗客を乗せる「おおさか東線」として整備するため、今月末で歩行者等は渡れなくなります。
この18門鉄橋は片方に貨物の線路、片方は自転車や歩行者が使える珍しい橋なのです。
旭区と東淀川区を結ぶ生活に便利な橋であることはもちろん、私にとってはウォーキングコースの一部であり、梅田のビル群に沈んでいく夕陽をながめる絶好のポイントでした。
週末にはお別れイベントも開催され、80数年にわたる歴史を振り返り懐かしむ人たちで最後の賑わいを見せていました。
鉄橋がなくなるわけではないのですが、そこからの景色をもう見ることができないと思うとやはり寂しいものです。
最後にもう一度渡れるかなぁ。
 

 

2013年10月24日(木)

少し日記の更新が滞っている間、季節の変わり目を感じるどころか台風の影響で大きな被害が出てしまいました。
大阪はまだ雨こそ降り始めていませんが、今朝方から風が強くなりました。
場所によっては地盤がゆるんでいる所もあるとのことなので台風27号・28号の影響で大きな被害が出ないことを願うばかりです。
私も最新の気象情報に注意し、早めの準備を心がけます。

 

2013年10月1日(火)『ライバル現る!』

10月です。テレビ大阪も秋の新番組が始まります。これからもよろしくお願いします。
10月とはいえまだ日中は真夏日になるなど、体調を崩しやすいのでご注意下さい。
ところで、ウォーキングに本気で取り掛かろうという時季に、強烈なライバル?が出現しました。
その名も「電動アシスト自転車」。実家におきっぱなしになっていたものを、買い物用にくらいの気持ちで引き取ったのですが、
乗ってみるとこれが凄いのです。すでに乗っている方や乗ったことがある方は「何を今さら」とお思いでしょうが
こぎ始めの加速感はまさに快適そのもの。
見た目はママチャリ。しかしペダルを踏みこんだ瞬間、羊の皮をかぶった狼に変身!後ろで誰かが押してくれているような感じなのです。
おかげで?少々遠くても歩いていくぞという先日の覚悟が萎えてしまいそうです。
私の太ももやふくらはぎにこんなアシスト機能がついていれば・・・と真剣に思う今日この頃です。