千の風に吹かれて

2019年1月17日(木)『つなぐ』

24年前のあの日より少しだけ暖かく感じた今日の神戸。
毎年、何ができるわけでもなく1.17は自分の目で街の様子を確かめるように神戸を歩くようになりました。今や街の外観はすっかり以前のように、いや震災前よりも近代的なビルが立ち並び、傷あとを見つけることさえ困難です。
集いがあった神戸市役所隣の公園には、震災を知らない子どもたちをはじめ今年も多くの方が来ていました。
震災を経験していない子どもたちに、外観ではわからなくなったことをどんな言葉で語り継いでいけば良いのか、今年も考えさせられました。
できる限り1.17は神戸に足を運び、孫にも語り継げる言葉を見つけたいと思います。