1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>

2017年9月1日(金)

9月になりました。高く 真っ青な空。暑いけれど 朝の風は心地よく 身体に感じます。

今年も3分の2が終わりました。

早いね、いやいや速いね。

つい8日前までは 毎日 高校野球を中心に仕事してました。

10代の眩しい躍動感を感じながら。

そして5日ほど前に 同期のアナウンサーの訃報が飛びこんできました。

お昼のニュースを読んだ後 倒れ 帰らぬ人に。

学生時代 ともにアナウンサーを目指した仲間でした。


普段 スポーツの仕事をしていると 取材対象も若い人が多いのですが

自らは 何があってもおかしくない年代になったのを痛感。

亡くなった仲間は 32年間 アナウンサーとして 熊本で走ってきました。


ふと 自分は しっかり走っているかな?

目の前にゴルフ中継 テニス中継も迫ってきました。

悔いなく メリハリつけて。

話題は 変わって 9月5日 火曜日

テレビ大阪の野球中継は 広島対阪神

奇跡の逆転優勝なるか。

直接対決です。

マツダスタジアムのリポーター席はまだまだ暑い。

千年屋先輩 気をつけてください。

実況は福谷アナです。

「ナマ虎スタジアム」HPはこちら

 

2017年8月21日(月)『汗 涙 青春』

スミマセン。ご無沙汰いたしております。
季節が過ぎるのは早いもので、夏の高校野球も明日(8/22)が準決勝。
昔の様に、決勝の甲子園は赤とんぼ 、過ぎゆく夏と秋が交差するなんてことは、昨今の気象状況からはありませんが、酷暑の中 選手の頑張りには脱帽です。
全国から来る取材陣の裏方というか、お世話含めて 甲子園球場へ行きますと、昔と違うのは、敗れても笑顔の子が多くなったなあという印象です。もちろん 号泣している選手、悔し涙で瞳を濡らす選手も多いのですが、
大会も終盤に来ると 力を出し切った充実感が 涙を笑顔に変えるのでしょうか。
試合を終えて 控え室へ戻る通路から選手を見ていて、そう感じます。
もちろん、この時期は 高校野球野球だけではありません。
大阪のうつぼテニスセンターでは、ジュニア日本一を決める「全日本ジュニアテニス選手権」が開催されました。
灼熱のハードコート。技術だけでなく、気力、体力が勝負のポイントになってきます。
最終日は表彰式の司会をしましたが、暑さの中 カップを掲げる 笑顔の選手が印象的でした。
高校野球は、明日が準決勝。
頂点を目指す戦いはまだ
続きます。

SPORTSウォッチャーでも、熱戦の模様をお伝えします。

そして 明日はテレビ大阪の野球中継。
広島の独走に待った!をかけるか阪神タイガース。
巨人も クライマックス圏内に近づいてきました。
明日は 神宮球場から
「ヤクルト対阪神」の試合を生中継します。
ベンチリポートの千年屋先輩。
東京は、涼しいらしく、心配無いとは思いますが、ベンチ裏は蒸し暑いです。
熱中症には十分 注意してくださいませ。

「ナマ虎スタジアム」HPはこちら

 

2017年3月31日(金)『2016年度ラスト』

3月31日、年度最後は雨となりました。甲子園のセンバツ高校野球大会は天候不良で順延。
史上初の大阪決戦は、新年度4月1日となりました。次男が高校生なんで、センバツ高校野球の選手は同学年。自分の子供が被って見えてます。次男はテニス部なんですが、合宿の真っ最中。テレビのニュースが伝える栃木の高校生の遭難事故に 胸が締め付けられる思いです。
私の父が若い頃 ある年 高校野球の開会式を実況していた時 涙が流れたそうです。周囲は躍動する若さに感動しての涙と受け止めたそうです。その年の夏、 父は病で娘(私にとって妹)を失いました。実況席の目の前で甲子園する若者の眩しさに感動するのでなく、亡くなった娘の未来と若者が重なったのかもしれません。
生きている喜びを大切に、明日はセンバツの両チームは 悔いなく戦ってほしいですね。

さて、明日からは4月。出会いと別れが交差する春。

鈴木アナウンサーがテレビ大阪を卒業していきました。
私がお世話になった恩師の最後の教え子でした。
いろいろなジャンルで しっかりとした技量を発揮した彼女は、この春からも、いろいろな局や場面で声を聞けると思います。
お疲れ様。

さあ、いよいよプロ野球も開幕。
シーズンが始まります。
毎年 口だけですが、新年度 心新たに 笑
そうありたいものです。

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>