2008年1月17日(木)  『結婚記念日と阪神淡路大震災』

毎年  この時期の日記に書いているかもしれませんが16日は結婚記念日、翌17日は阪神淡路大震災でした。

もう13年なのか、まだ13年なのか。震災の日の夜、ビルの屋上から中継した時  自分の背越しに見えた火事の炎。自宅周辺のガス臭さとサイレンの響き。震災の当日、取材が終わり、西宮から大阪へ戻り感じた  わずか距離にして15キロの天国と地獄。光あふれる日常の大阪と一瞬の揺れで非日常となった被災地。

13年たっても鮮明です。子供たちの通う学校でも追悼の行事が行なわれます。今日も街は平穏です。あたり前に夜が明け  1日が始まります。こんな普通の日常が営めなくなった  あの日。  人間の努力で人災は防げます。

しかし  必ずやってくる天災に対し  どう対処し、最小限で防げるか。行政だけでなく、我々マスコミが風化させず常に危機意識を持つ意味を考える  今日17日です。

 

2008年1月10日(木)  『年男。めでたい本エビスに48歳 となりました。』

2008年1月10日、なんと人生48回目の誕生日を迎えました。48歳です。

早いなあ〜。あの立教大学の桜ヒラヒラ、春のキャンパス入学式から30年たつんや。足がガタガタふるえた長崎放送時代の初鳴きから23年。

あの頃から比べるとツラの皮は厚くなり、ただシワとシミは増えましたが、それ以外はどう成長したのかと問われると……。

過ぎて行く日々のスピードに戸惑うこともありますが  しっかり地に足をつけて生きていきたいですね。

織田信長は人生50年と歌いましたが、そうすれば人間生活はあと2年?
正論と調整の間で悩んでいる現実がありますが年男の今年ぐらいは[信念、信頼、信義]で頑張りたいですね。

 

2008年1月1日(火)  『2008年 今年の目標』

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

元旦は  あいもかわらずのワンパターン。西宮神社の初詣。
大阪や東京から弟たちが来て宴会。神戸や羽曳野に  お墓参り。  浜でキャッチボール。

年末年始は  ハワイや温泉にも  あこがれますが結局このパターンに落ち着きます。  
さて、今年は  
1・  「信」信頼、信用、信義、信愛を胸に。
2・今年は5キロ減、ウエストは2センチ減  
3・公私ともどもハッスルハッスル。

2008年初仕事は元日のニュ‐スαから頑張ります。