2010年6月28日(月)「四連休」

週末は木曜日から四連休でした。 正月や夏休み以外では 四連休なんて記憶にないなあ。8年ぶりぐらいかなあ。 でも悲しいモノで 怠け者なのに楽しみ方をしりません。 家族のアッシー(ドライバー)となる以外は すべて石の様に動かず、ゴロゴロと。やはり 足の指とはいえ骨折を早く治すには安静が一番かと。(^0_0^) まあこれはかってな理屈ですが。

なので、この4日は読書ザンマイ。9冊を眺め読み。作家の高村薫さんのコラムを毎週アエラで読んでいたので、「高村薫、藤原健 作家と新聞記者の対話 毎日新聞社」スピーディーな歴史小説「箱館売ります。 富樫倫太郎著 実業之日本社」は お薦めです。 さあ、溜まった野球資料とニュースだ。出社します。

 

2010年6月24日(木)「米子 親孝行」

広島対阪神の中継で、鳥取県は米子に行ってきました。4時間20分を越える熱戦は延長11回 桧山選手の決勝タイムリー、マートン選手の満塁ホームランで阪神が勝ちました。 ワタシはリポーターだったのですが、ヒーローインタビューを桧山選手にさせていただきました。ベンチ裏のリポーター席のテレビモニターを見ていましたが、セカンド塁上での会心の笑みが印象的でした。大ベテランの一振りがチームに良い流れを呼び込みそうですね。 ただ、弊社の中継は20:54で打ち切り。これは視聴者の皆さんに本当にお詫びします。申し訳ありません。 御叱りのメッセージ多々あろうと思います。現場の人間としては 更に良い中継をお届け出来るよう努力するだけです。


さて、福谷アナウンサーが日記で紹介していましたが、 米子は福谷アナウンサーの故郷。その故郷での実況は本人にとっても晴れ舞台。緊張したと同時に最高の瞬間でもあったでしょう。
ちょうど ニュースBIZのリポートを担当する前に
福谷君のお父さんがスタンド内の放送席にご挨拶に来られました。福谷アナは かなり照れくさそうに していましたが、お父さんは嬉しかったでしょうね。野球観戦より、放送席に目が向いていたことでしょう。
ワタシも二児の父となって ようやく親の想いが少しだけですが、わかったような気がします。
元気で生活するだけでも親孝行なのに、故郷で 息子が江夏さんと野球の中継をしている。お父さんにとっては 人生最良の日だったと思います。福谷クン、最高の親孝行ができたね。(^0_0^)

そういえば、ウチの父親もそうでした。(ウチの場合は親バカでしたが…)

 

2010年6月22日(火)

テレビ大阪には「鉄旅クラブ」なる会があります。鉄道の旅が好きな視聴者の皆さんが集うサイトで、スタートしたばかり。今後 楽しい企画や話題がサイトを飛び出し、イベントや番組に発展すればいいと思っています。さて、鉄道の楽しみかたはいろいろですよね。ワタシの場合は行く先の駅に興味があります。駅ってその街の玄関ですよね。駅を見て、駅周辺を散策する事で その街が見えてくるような気がします。
昨日の日曜日に降りたのは、南海電車高野線の「沢ノ町」駅。大阪市の住吉区にあり、各停しか停まらない駅なのです。
駅は昔風に、行く方向で改札口が別れており、ずいぶんレトロ。パン屋さんに喫茶店、花屋にカメラ屋。少し昔ながらの風情を感じたその先には…

スミマセン。前置きが長くなりました。向かった先は住吉区民センター。平成19年竣工の会場は普段 地元の人たちが使うコンパクトなホール。その会場を使い プロボクシングのバンタム級日本タイトルマッチが行われました。注目していたのは 日本バンタム級チャンピオン安田幹男選手。世界ランキングも7位。この防衛戦に勝利し、世界をも見据えたいところ。尊敬する 元世界チャンピオン名城選手のガウンを身にまとい登場した27才。大声援の中7ラウンドを戦うも、チャレンジャーにTKO負け。ゴングから25分。世界を夢見た27才の青年は、自分のボクシング人生の進退を考える立場に。名城選手の取材で六島ジムへ行くたび、そのスピードとキレ味に注目していました。 出来ることなら 名城選手同様、再起し 頂点を目指してほしい。

世界への前哨戦を期待し、沢ノ町駅へ降りたって4時間後、安田選手の再起を願って 沢ノ町駅から電車に乗り込みました。

ワタシのような思いを持ったボクシングファン(チャレンジャーサイドに立つとその反対?)が利用した昨日の沢ノ町駅。
今日からはまた日常なんでしょう。

 

2010年6月16日(水)「祭り」

勝利の翌日の大騒ぎ。カメルーン戦に勝利した後 テレビも新聞もバンザイ\(^-^)/の岡田ジャパン。 そうメディアは一斉に手のひら返し。これってどうよ?と思ったりもするのですが、たまたま聞いていたラジオのパーソナリティいわく「これも日本の国民性。手のひら返しをみんなで楽しみましょう。」 んー!一理ある。
サッカーの選ばれし者たちの祭典なんですよね。外野席からは
楽しく応援をするのが一番です。

ところで、ワタシは今 甲子園球場のネット裏。目の前では阪神タイガースが練習中。プロ野球も今日で交流戦の全日程が終了。明後日の金曜日からはレギュラーシーズンが再開です。
テレビ大阪も来週の火曜日、鳥取県は米子から 広島対阪神を中継します。 サッカーはもちろん野球も楽しんでください。

そしてこれは暇ネタですが、本田選手が華麗な足技を見せたあの日、植草アナはベッドの角に足をぶつけました。左足薬指骨折。どんくさいと言うか情けない。(>_<)

 

2010年6月14日(月)「大阪のオバチャン」

先週 映画を2本見ました。作品の感想等は後日 書かせていただくとして。
映画館でワタシの座ったいた席の前にいらした女性3人。持っているモノがまさにケンミンショーに紹介されるであろうモノばかり。

(1) マイお菓子…上映が始まる前にお互いで交換。定番の飴(大阪のオバチャンは必ず持っているらしい。)。続いて昆布(定番のおしゃぶり昆布)

(2) マイフック…次に登場したモノ。映画館は結構混んでいてカバンを置く空席がない。そこに出てきたのがフック。これを前の席の背に引っ掛けて、カバン掛けの出来上がり。まさにマイフック。

(3) 仕上げはマイライト。 映画館は暗い。何かを落とされたらしい。そこに登場は ブローチの形をしたライト。灯りに照らされた落としモノ無事発見。携帯の照明ではありません。まさに マイライトの面目躍如。

すごいなあ。ケンミンショーを地でいってるわ。ビックリ!

追伸・人の事を勝手に書いてバチが当たりました。昨日 足の指をベッドの角にぶつけ、一晩たちました。指は大きく腫れ、どす黒い紫色になり、歩くたびに痛いです。(>_<)

 

2010年6月8日(火)「青春時代」

先週は仙台で野球中継のあと、秋田で開催された新聞協会の会議に出席しました。

爽やかな天候と青空。初夏の東北路、仙台から秋田への移動の途中、山形と盛岡へ立ち寄りました。
ともに かつてアナウンサーを目指した大学生の頃の友人や後輩に会うためです。無理を言って、昼や夜の食事の席の時間を作ってもらいました。それぞれ夢かなって、卒業後は地元の放送局にアナウンサーとして入社しました。25年以上の歳月を経て、現職もいれば報道記者や全く別の道と今はバラバラですが、当時の記憶がよみがえってきます。
たまには過去を振り返るのも良いですね。
生まれて初めて足を踏み入れた山形の地は2時間半、25年ぶりの盛岡も飲むだけの4時間弱の滞在でしたが、心豊かになる時を過ごしました。

工藤さん、ユキミクン、佐藤クン有難うございました。

さて、青春時代といえば、秋田での会議が終わっての宴席の2次会。集まったのはアナウンサーや元アナウンサーを中心に7名。場所は秋田のネオンの中心「川反」
歌うわ唄うわ唱うわ謡うわ!の濃厚な時間。ワタシ、音痴もあってか、カラオケは大の苦手でいつも遠慮しているんですが、この時は自然にマイクを手に。出てくる曲は青春時代のオンパレード。集まっているのは52歳〜47歳。つまり ほぼ同年代。青春懐古の締めくくりでした。(^0_0^)

もちろん、しっかり仕事を終えた放課後ですよ。

ちなみに山形市にある最上城の跡地や 秋田市の久保田城の天守閣から見た秋田市内の写真を撮ってきました。宴会の写真は、あっ!この人知ってるというアナウンサーもいますが、個人情報もあり(^0_0^)掲載いたしません。ご了承を。

 

2010年6月1日(火)「仙台にて」

26年ぶりに「杜の都」仙台にやってきました。前回は大学時代。放送局の野球中継のスコアラーのアルバイト。宮城県営球場で、カードはロッテ対近鉄でした。
今回はアナウンサー26年目。会社の仕事(^0_0^) 楽天対阪神の実況です。Kスタ宮城、旧宮城県営球場です。
仙台空港から連絡鉄道で仙台駅へ。
初めての路線はワクワクします。あっ、私 アナウンス部鉄鉄クラブの会員です。 会員は? 現在ワタシのみ。 またひとつ制覇しました。