2019年6月5日(水)『プラスチックゴミを考える』


小学校に上がる前、かれこれ45年くらい前になるでしょうか。
わが家では豆腐屋さんにお手伝いで買い物に行く係りを、弟とじゃんけんして決めていました。

母親にタッパーを持たされるのですが。お店のプラスチックトレーを使わなくてすむので5円安くしてもらっていました。
その5円が、我々のお駄賃でした。たった5円ですが、それを嬉しく思えた、懐かしい時代を思い出しました。

5月29日(水)の「やさしいニュース」の特集で、プラスチックゴミ問題を取り上げました。
プラスチックによる海洋汚染は深刻で、生態系に大きな影響を与えています。
地球上に住む我々が、ライフスタイルの見直しを迫られています。

私は3年前に本社勤務に戻りましたが、その前の2年間は東京、その前の3年間は名古屋であわせて5年間単身赴任生活を送った経験があります。

そのときに一番負追われたのが、ゴミの分別でした。
それぞれの収集は週に1回くらいのペースでしたので、気を抜いて1回出し損ねるとたちまち台所には資源ごみがあふれかえります。
特に目立つのが、ビン・缶類ではなく、意外や意外食品トレーとビニール袋でした。

人が毎食食べていくだけで、こんなにも不要なプラスチックが出てくる現実・・・。

いったいどれだけのプラスチックゴミを生み出しているのか、壮大なテーマですが、
まずは自らのライフスタイルをチェックしてみたいと思います。

2019年5月17日(金)『待望の新居』


近畿の日本海側にキャンプに出かけました。
特に何をするわけでもなく、ぼ〜と過ごしておりましたが、今回最大のトピックスは、新居ができたこと!
いままでは、友人のテントを間借りしてましたので、待望の新居です(笑)組み立てが簡単で、これなら一人旅にも使えるかもしれません。




キャンプと言えば、バーベキュー用を含め、食材を揃えるところが楽しみの一つ。
今回は非常持ち出し袋の中身をごっそり抜き出しました。

飴から菓子類、缶詰などなど、あと電池もそうでしょうか。
消費期限等が切れていることがほとんどでしたので、整理できてとても気持ちがよかったです。
災害への意識が自然と高まるのが、アウトドアのよいところかもしれませんね。

今回少し残念だったのは、この時期いつも買い求めている「ハタハタ」の鮮魚が手に入らなかったこと。
お店の方によると、この地区で最近あまり獲れなくなっているそうです。温暖化の影響でしょうか…。

2019年4月26日(金)『平成回顧』

あんなこと、こんなことあった平成がまもなく幕を閉じます。

私にとっての平成は、大学3年生のとき。バブルの残り香強いディスコ全盛期です。
卒業旅行で東欧を巡ったとき、ベルリンの壁が開放され、世界の情勢も大きく変わろうとしていた時期でもありました。

平成2年に岡山の放送局入社して早々、台風取材。そして雲仙普賢岳。阪神大震災。
平成7年4月にテレビ大阪に入社後も、東日本大震災、大阪北部地震、西日本豪雨に至るまで
さまざまな自然災害に見舞われた時代でもありました。

地下鉄サリン事件や和歌山毒入りカレー事件など、世の中を震撼させる事件にも直面しました。
大きな鉄道事故もありました。
平成3年に信楽高原鉄道の衝突事故、平成17年には尼崎のJR福知山線脱線事故。

直ぐに現場に向かい、乗車されていた方々の証言を集めました。普段何気なく利用する公共の交通機関で、あれほどの大惨事に至ったのは何なのか。
大型連休前のこの時期、あの年はかなり暑かった記憶がよみがえります。

あの日から14年。

被害にあわれた方々に哀悼の念を表し、減災、防災につながる報道を模索していきたいと、思いを新たにしました。