なべの素

1 2

2018年6月12日(火)『寛容』

街路樹のアジサイが鮮やかな季節。
思わず私が足を止めたのは「白いアジサイ」の前でした。



アジサイの花言葉はというと、花そのものが色を変えることから
”移り気”らしいですね。私の心のようでもありますが 笑

ただ色によっても違いがあるようで
この「白いアジサイ」の花言葉は”寛容”だそうで。

シンガポールでは今日は歴史的な会談が行われましたね。
アジサイの季節かどうかはわかりませんが。

政治の思惑は時に移り気です。
しかし世界中の人々が注目しています。

過去にはいろいろありましたが、
人類の未来を考えると”寛容”さがなければ前に進みませんよね。
期待を持ちたいものです。

私も年とともに”寛容”さを兼ね備えていきたい…、
「白いアジサイ」を眺めながら思い新たに。

 

2018年5月18日(金) 『初登場!』

寒暖の差が大きい昨今の気象。
昨夜の関西は寝苦しく、日中もなんとなく蒸し暑いですよね。
みなさま、お変わりございませんか。

さて、きょう夕方の「やさいしニュース」は大ベテラン植草アナウンサーが初登板です。

普段はスポーツ番組のプロデューサーや放送用語のとりまとめ、いわば放送局の国語の先生でもあります。
今シーズンはプロ野球中継のリポートも。

で、いつもスタジオにいる福谷アナウンサーが、とある場所から生中継。
これからの季節、大人が楽しみにしている○○をたっぷりお届けします。

ご期待ください!

あれ?
食いしんぼの川北アナウンサーは?
まさか、食べすぎでお腹こわしてお休み??

ご心配なく!
川北アナウンサーはテレビ東京での研修のため今日は欠席いたします。
来週はパワーアップして、みなさまにひたすら”おいしいもの”をお届けしますので。

充電中の川北アナウンサーにもご期待ください!!

「やさしいニュース」HPはこちら

 

2018年5月7日(月) 『あこがれの八尾へ!』

八尾(やお)の出身である私がいつかは行きたいと思っていた八尾。
それは富山市の八尾(やつお)町です。子供のころからずっと気になっていました。

今回縁があり少し立ち寄ることができました。

ちょうど田植の準備が始まっていましたが、なんとものどかな風景に出会えました。

八尾(やつお)は富山の南部、岐阜と県境を接する町。
人口は約2万1千人。

一方、大阪の八尾(やお)は約26万7千人と人口は圧倒的に八尾(やお)が多いですが、
八尾(やつお)は実に自然豊な町。

と違いはありますが、とても似ているところがあります。
それはどちらも踊り好き!

八尾(やつお)では”おわら風の盆”という踊りが。
そして八尾(やお)にはご存知”河内音頭”があります。

最近はこの踊りつながりで市民の交流が生まれているそうです。

私が小学生のころは、体育の時間でも”河内音頭”の授業がありましたが
八尾(やつお)ではどうなんだろう?なんて思いながら今回は通過しただけではありますが。

町内を車で巡ると、至る所で「八尾」の標識や看板に出会う。。。
なんとも不思議な空間です。

次は盆踊りの時期にしっかり訪ねてみたいです。


(富山市八尾町より望む立山連峰)

 

1 2