これまでの放送

めっちゃUSJを楽しむ方法!!

4月23日(日) 放送

大人気のテーマパーク、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン!
人気のアトラクションや裏側に隠された秘密とは!?
USJをいつもより楽しむ方法を大特集!

USJの入り口にあるユニバーサル・グローブの
知られざる秘密とは!?
USJの撮影スポットとしておなじみの「ユニバーサル・グローブ」。
地球をモチーフに作られているのですが、地球とは決定的な違いがあります。
実は、ユニバーサル・グローブに書かれた「UNIVERSAL」の文字が見えやすいように本来の地球の自転の向きとは
逆に回転しているのです。
地球の自転は、反時計回りに回っていますが、ユニバーサル・グローブは、時計回りに回っています。
このように、地球の自転と逆に回ることで、「UNIVERSAL」の文字が
順番に出てくるのです。
ちなみに、文字が正面に来るのは、30秒に1回なので、そのタイミングで写真を撮るのがオススメです。
★★★ お手本 ★★★
人気のアトラクションを乗り比べ!
何が違うの?どんな秘密が!?
かれんちゃんとまいちゃんは、ジェットコースターが少し苦手なドクと、人気のアトラクションである「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド」と「ザ・フライング・ダイナソー」の2つを乗り比べました。

この2つのアトラクションの大きな違いは、「乗るときの体勢」です。
「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド」は、イスに座った体勢なので、視界が進行方向を向いており、
日常生活に近い体勢です。

一方、「ザ・フライング・ダイナソー」は、
うつ伏せの体勢なので、進行方向が見えにくく、進む方向も予測不可能です。
空中でうつ伏せになるという、ありえない体勢が、
非日常感を生むのです。
USJの裏側に初潜入!
ワードローブの秘密とは!?
USJのバックヤードには、「ワードローブカウンター」というパーク内で働くクルーのワードロープを管理する場所があります。ここには、およそ10万着のワードローブがあると言われています。
この中にあるワードローブには、それぞれのこだわりがあります。

入り口のクルーは、
1930年代の映画館の入り口の案内係をテーマに作られています。

ジュラシック・パークでは、
映画に登場する恐竜の飼育員がテーマになっています。
ベルトのバックルにも「UNIVERSAL STUDIO」のロゴが入っています。

また、期間限定のアトラクションである「エヴァンゲリオン XRライド」のように、その時期しか見られない貴重なワードロープもあります。
協力先
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
手嶋美佳
(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン パークコンシェルジュ)
橋本加奈子
(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン 技術部装飾 ペイントチーム)
北野貴久
(神戸村野工業高等学校 教諭)