これまでの放送

メェ〜ちゃおもしろい!
ヒツジをまるはだか

6月18日(日) 放送

六甲山牧場には、かわいいヒツジがいっぱい!
ヒツジの毛刈りや毛の秘密など、意外と知らないヒツジを調査!

ヒツジが、毛刈りをするのは、なぜ?
六甲山牧場には、9品種、180頭以上の羊が放牧されています。
牧場のヒツジは、品種改良で毛が抜けないので、そのままだと夏の暑さに耐えられず、体調を壊してしまいます。
そこで、暑くなる前に毛刈りをして、すっきりする必要があるのです。
羊の毛刈りをする時は、治療するときと同じように羊を動きづらい体勢にし、おさえます。これを保定(ほてい)と言います。
ヒツジの毛の不思議を紹介!
羊の毛には、雨やケガから体を守るために、ラノリンという油が含まれています。ラノリンには、保湿効果があるので、ボディソープや化粧品などにも使われています。
刈り取られた羊毛は、洗剤を溶かした50~60℃のお湯で、一晩つけ置き洗いをします。これを洗濯機で脱水し、水で手洗いする工程を2回行います。
また、羊の毛の表面は、ウロコ状になっていて、からまりやすいので、毛糸やフェルトとして、使うことができます。
ヒツジの追い込みショーの秘密を紹介!
犬がヒツジを誘導するのを披露するシープドッグショーでは、犬が、トレーナーの指示に従い、見事に羊を目的の場所まで誘導します。
ちなみに、犬にトレーナー以外の人が、声を出して指示しても、全く反応しません。これは、ショーでお客さんの声に惑わされないように、日々トレーニングしているからなのです。
また、犬の中には、目力を使ってヒツジを追い込む犬もいます。
協力先
神戸市立六甲山牧場