これまでの放送

あま~いブドウに隠された深~いヒミツ!

8月27日(日) 放送

甘くておいしい秋の味覚、『ブドウ』!
意外に知らない、おいしいブドウの見分け方を紹介します!

ブドウの房の、上と下では、
どっちが甘い!?
ブドウの房の上と下の糖度を測定してみると、房の下にあるぶどうは、糖度が16.0度でした。

それに対して、房の上にあるぶどうは、18.1度でした。
ブドウは、茎に近い方が、栄養をたっぷりもらえるので、上の方が甘いのです。
実が多いブドウと実が少ないブドウ、
どっちが甘い!?
ブドウは、実の数が少ない方が栄養がたくさん行き渡るので、甘くなります。
また、ブドウ狩りに行くと、ついつい大きなブドウを選んでしまいがちですが、大きなブドウを選ぶより、小さなブドウをたくさん選ぶ方が、甘みも強く、いろいろな味を楽しむこともできます。
ブドウを長く保存する方法とは!?
ブドウは、枝を残して1粒ずつ房から外して保存するのが、正しい保存方法です。
ブドウは、枝の部分から水分が出て、腐ってしまいます。枝の部分を切るときに、枝を長く残してしまうと、ほかのブドウを傷つけてしまいます。
枝を切る時は、ギリギリのところを切るのがポイントです。
枝を切ったものを、密封容器に入れて冷蔵すれば、約一ヶ月は保存できます。
協力先
横尾義一(柏原ぶどう狩り)
JA大阪中河内
中村ぶどう園