これまでの放送

走る!蹴る!
サッカーは科学で進化する

12月17日(日) 放送

ワールドカップ目前で、ますます注目が集まるスポーツ「サッカー」!
その知られざる科学に迫ります!

プロのサッカー選手も使う
チップの正体とは!?
たこ虹メンバーがつけたチップは、人の動きを測定するセンサーです。
上下左右の動きを読み取る加速度センサーや、回転の動きの変化を読み取るジャイロセンサーが、人の動きを記録します。
そのデータを、無線でアプリと同期させると、その場で走行距離を表示することができます。
Jリーグでも採用されている
すごいシステムとは!?
最近、サッカー中継やJリーグのホームページなどで、走行距離が表示されています。これは、選手がセンサーをつけているわけではなく、試合会場に設置された6台の専用カメラが、トラッキングという技術で自動的に選手の動きを追いかけて計測しています。
試合中の選手の動きをリアルタイムで分析できる、すごいシステムなのです。
本田圭佑選手着用のスパイクに隠された
秘密とは!?
日本のトッププレーヤー、本田圭佑選手のスパイクは、速いスピードで走りながらも、ボールをピタッとコントロールすることができるように開発されています。
スパイクの表面に出ているポコポコした部分の中に、低反発枕のようなスポンジが入っています。
このスポンジが入っていることで、ボールをトラップした時に、しっかりと衝撃を吸収し、クッション性を高めてくれる要素が入っています。
さらに、スパイクの底をねじれやすく作ることで、足の形にフィットし、より地面を蹴りだす力がアップしているといわれています。
協力先
もりのみやキューズモールBASE
東急スポーツオアシス
フォーカルポイント
ミズノ
京都外国語大学
データスタジアム