これまでの放送

知れば楽しめる
ひらパーの工夫

4月15日(日) 放送

アトラクションをアレンジして大人気のひらかたパーク!
“ひらパー”の人気の秘密を紹介します!

ひらかたパークの人気の秘密である
“アレンジ力”とは!?
アトラクションを新設するというよりも、今あるものをアレンジしておもしろさをアップしているひらかたパーク。
その一つとして、目隠しをつけて、ジェットコースターに乗るというイベントを行いました。
目隠しをしながら乗ると、真っ暗でスリルが増すということで、このアレンジが話題となり、お客さんの数が増えたそうです。
イベントは終了しましたが、園内の売店に目隠しが売られているので、今でもそれを購入し、ジェットコースターに乗ることもできます。
五感と呼ばれる人間の感覚のうち、8割の情報を得る視覚を奪われることで、スリルが一層増すといわれています。
ひらかたパークの
新たなアレンジとは!?
ひらパーでは、遊園地の中に、約30種類の動物を飼育しているので、絶叫系が苦手な人も楽しめます。
中でも一押しの動物が、コツメカワウソで、1日に2回、握手会が開かれています。
カワウソは、水かきが発達していて5本の指に分かれています。 そんなカワウソとの握手や、マゼランペンギンのえさやり体験など、動物エリアも充実しています。
必見!絶叫系アトラクションの
克服法とは!?
ジェットコースターなどに乗った時にふわっと感じるのは、耳の奥のところにある、三半規管の液体が揺れて無重力を感じるからです。
この三半規管だけでなく、脳や内臓などいろんな所で無重力を感じています。胃や腸が一瞬浮き上がることもあります。
その浮いた感じを人間が感じて、無重力を感じます。
ジェットコースターなどに乗った時に、声を出して腹筋に力を入れると、
内臓が浮き上がるのを抑えられるといわれています。
協力先
ひらかたパーク