これまでの放送

裏側へ潜入!
新エリア登場 海遊館

4月29日(日) 放送

新エリアがオープンした海遊館!
見どころ満載の海遊館の魅力を紹介します。

18年ぶりにリニューアルした
新エリアとは!?
リニューアルしたのは、クラゲを展示しているエリア。
その名も「海月(くらげ)銀河」です。
暗闇の中に、小さな光をちりばめた、
まるで宇宙のような空間に約10種・300匹のクラゲが展示されています。
海遊館では、クラゲが一番美しく見えるように、あえて照明を落としています。
クラゲの水槽を照明で下側から照らすことで、
クラゲの体の細い所までしっかりと見ることができるように工夫されています。
海遊館の生き物を観察するのに、
“得する時間”ってなに!?
生き物を観察するのに、得する時間とは、魚にエサを与える時間です。
この水槽の魚たちは、自然界では、海藻を食べているのですが、
新鮮な海藻を調達するのが難しいため、海藻の代わりにレタスを与えています。
このエサの時間を狙っていくのがオススメです。
バックヤードに潜入!
驚きの光景とは!?
海遊館では、ガイドツアーに参加すると、普段は飼育員などしか
入れないバックヤードの見学ができます。
バックヤードで、ジンベエザメにエサを与えると、
たくさんの海水と一緒にエサを吸い込んで食べます。
ジンベエザメは、オキアミやイサザアミなどのプランクトンを1日に約8kg食べます。
ジンベエザメは、小さなプランクトンばかり食べるので、歯がだんだん小さくなって、合計で8000~9000本の歯が生えています。
協力先
海遊館