これまでの放送

オオカミにプーさん!
神戸どうぶつ王国新エリアの秘密

5月13日(日) 放送

たくさんの動物に触れ合えるということで大人気の神戸どうぶつ王国!
いろんな生き物を飼育するための工夫など紹介します!

この春、グランドオープンした
新エリアの秘密とは!?
この春、グランドオープンした「ロッキーバレー」。
北アメリカのロッキー山脈にいる猛獣を中心とした展示をしています。
中には、クーガーなどの猛獣や、
かっこいいハクトウワシ、
さらには、関西ではここでしか見られない、シマスカンクにも出会えます。
北アメリカの自然環境を再現しているので、動物たちの本来の行動が楽しめます。
神戸どうぶつ王国の
展示の工夫とは!?
シンリンオオカミの展示場の窓ガラスは、オオカミと目線が合うように低く作られているので、
子どもでも間近で見ることができるのです。
シンリンオオカミの展示場は、動物の脚への負担を減らしたり、
傷から守るために砂地にしています。
砂地や水辺の環境を再現し、オオカミたちの自然な姿を見ることができるように、工夫されているのです。
新エリアの驚きの飼育法とは!?
アメリカクロクマのエサは、1日に10回程度に分けて与えられています。
エサの時間を決めてしまうと、他の時間はクマが活動しなくなってしまうからです。エサの時間を決めないことで、クマは常に動きまわります。
このように、活動的な姿を見てもらうために、
エサの時間を決めないという工夫がされています。
協力先
神戸どうぶつ王国