これまでの放送

見る!食べる!遊ぶ!
漁港でワクワク体験

5月20日(日) 放送

この時期、大阪湾では、泉州の名物になっている魚介類がたくさんとれます!
岡田浦魚港で楽しめる体験漁業や漁師メシを紹介します!

漁師さんと本格的な体験漁業に挑戦!
この時期、大阪湾では、アナゴ、マダコ、ガッチョ、シャコなど多くの魚介類がとれます。
アナゴ漁のカゴは入り口が広く、出口は狭い構造で、
一度入ると逃げにくくなっています。
そのカゴをたくさん仕掛け、ロープで引き上げていきます。
絶品!
泉南ならではの漁師メシとは!?
エビジャコと水茄子の古漬けを煮た郷土料理や、
丸ごと食べられるガッチョの梅煮、
岡田浦で養殖しているワカメのサラダや
アナゴの天ぷらなどがあります。
地元で有名な泉ダコは、刺し身で食べられます。
泉ダコの特徴は、甘みが強く、身がやわらかいことです。
漁港内の謎の施設に潜入!?
岡田浦漁港では、アナゴの養殖を行っています。
年々、アナゴがとれる量が減っています。
そこで、岡田浦漁港では、泉南市、近畿大学水産研究所と協力して組み、
アナゴの養殖を始めました。
現在は、この養殖されたアナゴは、「泉南アナゴ」として泉南市のふるさと納税の返礼品に使われています。
協力先
岡田浦魚港
大阪観光大学