これまでの放送

遊園地にかき氷!
夏は日本一だらけの生駒へ

7月8日(日) 放送

生駒には、家族で楽しめる山の上の遊園地や、街には、夏になると行列の絶えない絶品かき氷!
夏は、日本一だらけの生駒の注目スポットを紹介します!

日本一古いケーブルカー!
その仕組みは?
今年で100周年を迎え、日本で一番古いと言われている生駒のケーブルカーは、当時、生駒山の宝山寺へお参りする人のために作られました。
ケーブルを引っ張りながら動かすことから、
その名前がつけられました。
上の駅にある巻上げ機で、大きな滑車を回し
ケーブルを引っ張っています。
そのため、急勾配を、重い車両でも登ることができるのです。
ケーブルカーは、1本のケーブルで2つの車両を運転しているため、反対車両と進むスピードも同じなのです。
生駒山上遊園地にある
“日本一”とは!?
生駒山上遊園地には、日本一古い大型遊具である
「飛行塔」があります。
90年前の開園時から、鉄骨など基礎が変わっていない大型遊具です。
山上からさらに20m上にあがるので、遠くの方の景色まで
見ることができます。
戦時中は、米軍機が飛んでくるのをいち早く察知できたため、防空監視所として使われました。
日本一のシェアを誇る、
生駒の○○とは!?
生駒は、抹茶を点(た)てる時に使う道具である「茶せん」
のシェアが日本一を誇る街なのです。
室町時代に、生駒の高山地区で初めて茶せんが作られました。
2〜3年物の竹を真冬に切り、それを丈夫にするために熱湯につけて
油を抜きます。 その竹を、茶せん師と呼ばれる職人が、1本の竹を細かく切り分けて
作っていきます。
協力先
生駒山上遊園地
信貴生駒鋼索線区
みやけ
高山竹林園