これまでの放送

パンダだけじゃない!
アドベンチャーな動物の世界へ

7月15日(日) 放送

日本一パンダの飼育数が多いことでも有名なアドベンチャーワールド!
実は、パンダだけじゃない、アドベンチャーワールドの楽しみ方を紹介します!

アドベンチャーワールド独自の
パンダの飼育法とは!?
アドベンチャーワールドでは、パンダの母性を大切にする育て方を実践しています。
出産直後の母親パンダは、疲れてしまい、赤ちゃんパンダに授乳しないこともあります。
そんな時は、母親パンダのミルクを哺乳瓶に入れ、飼育員が赤ちゃんパンダにあげるのが普通でした。
アドベンチャーワールドでは、約1年間は、親子を一緒に過ごさせて、
その時間を大切にすることで、社会性を身につけさせるようにしています。
パンダの展示の工夫とは!?
パンダの子どもたちが暮らしている「パンダラブ」という施設は、全体が、斜面になっており、 お客さんからパンダが見えやすいようになっています。
野生のパンダは、山奥に暮らしているので、斜面にすることで、その環境に近づけています。
パンダが運動不足にならないように、斜面にして、筋力・体力を
つけることができるように考えられています。
アドベンチャーワールドの飼育や
展示の秘密を大公開!
アドベンチャーワールドでは、いくつかの動物のエサやり体験ができます。
キリンは、エサを与えると、
長い舌を出して取ろうとします。
その時、舌を観察すると、人間の舌と違って、紫色に近いことがわかります。
これは、皮膚病の原因と考えられている紫外線を吸収しにくくするためと言われています。
また、ライオンのエサやり体験では、
一口サイズの馬肉を筒の中に落とし、ライオンに与えることができます。
協力先
アドベンチャーワールド