会社情報

番組審議会の報告

2016年 - 6月

開催月日 平成28年6月22日(水)
出席委員 牧野明次 委員長
稲田紀男 副委員長
綾 智佳 委員
阪本浩伸 委員
寺井種伯 委員
堀江珠喜 委員
横井省吾 委員
会社出席者 青山髙博 社長
大村芳徳 取締役
岩谷哲幸 制作局長
片山俊之 報道スポーツ局長
東口幸司 編成局長
清原 寛 制作部
金森 啓 番組審議会事務局長
早坂 淳 番組審議会事務局
審議内容 「おとな旅あるき旅 風薫る神戸線の旅 90分スペシャル」
2016年5月14日(土) 午後6時30分 放送
放送内容の合評

審議会内容

5月の視聴者対応状況について
特別番組について

番組合評
「おとな旅あるき旅 風薫る神戸線の旅 90分スペシャル」
2016年5月14日(土) 午後6時30分 放送
放送内容の合評

<委員の主な発言要旨>(文中敬称略)

「親しみのある沿線だったので楽しくみさせてもらったが、三田村邦彦さんのはしゃぎ方が気になった」

「朝から、昼から、お酒を飲むシーンがふんだんに出てくるのに少し違和感を覚えたが、全体的に家族と一緒に突っ込みを入れながら、楽しく見られる番組だと感じた」

「番組の方針も戦略性もよかったと思う。気になるところをあげると、料理やお酒のシーンで、もう少し気の利いた、う〜んと唸らせるような表現があればなおよかった」

「三田村さんのテンションをどう捉えるかというのは、リラックスした雰囲気も出るし、パートナーの出演者との絶妙なバランスで、ぎりぎり保たれている感じがするので、私自身問題ないのではと思った」

「今回はスペシャル版なので、普段のレギュラー枠でできないような、季節感のある風景や、訪れた土地や食べ物に対する薀蓄など、突っ込んだ情報をもう少し取り入れてほしい感じがした」

「長所と欠点はあるにせよ、このところは三田村邦彦という出演者の力に頼りすぎている傾向があると思う。このまま飲んで食べるだけの番組では視聴者は離れていくだろうし、文化や芸術的な視点を取り入れるなど、番組初期に見られたように、内容に知恵を絞ることも忘れないで欲しい」

「いろんなお店、歩いたことのない場所を、視聴者に興味を抱かせるよう上手く表現できていたと思う。視聴率好調の流れではあるが、さらなる長寿番組になるために、ターゲットやメッセージ性を見つめなおすなど、今一度、原点に立ち返って欲しいと思った」

以上

ページトップへ