次回の放送:2018年2月24日 夕方5:30~6:00放送

「冬でも激熱!東京湾のシーバスフィッシング」

今回は、日本トップクラスのシーバスフィールド、
東京湾を舞台に厳寒期のシーバスフィッシングをご紹介。

シーバスが捕食しているベイトは様々。
その時、何を食べているかを見極め、釣り方を合わせていくことが
この釣りを攻略する重要なポイントだ。

アングラーは、千葉県内房エリアを知り尽くすルアーマン、山内勝己。
そして激戦区東京湾奥のスペシャリスト、大野ゆうき。

夕刻、満潮のタイミングで市街地の中を流れる川にやってきた。
水面では、至る所でライズが起こり生命感は十分だ。
日が暮れ薄暗くなり始めてからルアーを投じる。
二人は表層を通せるルアーをチョイス。

すると早々に大野にヒット!銀色の魚体が姿を見せた。
シーバスだ!
更にその後も大型のヒットが続く!
ランカーシーバスは飛び出すか!?

そして今回は、ウェーディングでのデイゲームも大盛り上がり。
干潮前、川の下流部に入る。

ベイトを食べに、シーバスが海から上がってくるはずだ。
まずはミノーやバイブレーションで探る。
すると、ボラ、イナッコが頻繁に引っかかって来る。
シーバスは、この魚たちを捕食しているのだろうか。
そして、バイブレーションで探っていた大野にヒット!
強烈な引きに緊張が走る。
徐々に寄せてくると、シーバスの口から
25cmはありそうな大型のベイトが吐き出された。
それらをヒントに、釣りをアジャストしていくと、
山内も大野も連続ヒット!
ビッグシーバスも登場だ!

厳寒期でもシーバスフィッシングは楽しめる! どうぞ、お楽しみに!

場所/ポイント
千葉県・内房
取材地連絡先
なし