2009年9月19日

朝から晩までラン&ガン ライトソルトウォーターゲーム

今回は、今流行りのライトソルトウォーターゲーム。ワンセットのタックル片手に朝から晩まで千葉県は外房・勝浦を釣り歩く。一体、どんな魚たちが釣れるのだろうか。

今回、名乗りをあげたアングラーは、房総半島のソルトルアーゲームに精通する若手アングラー渡邊長士。そして、小物から大物まで様々なルアーフィッシングをこなす高橋慶朗。

朝6時、まずは夷隅川の河口から開始。渡邉曰く、日中はメッキ、セイゴ、クロダイ、マゴチなど様々な魚が五目釣りのように楽しめるという。さっそくルアーをキャストし、アタリを探っていく。すると渡邉にヒット。釣り上げたのはメッキ。続いて高橋にもメッキがヒット。がしかし、それ以降はアタリがない。すると渡邉見切りを付けすぐに次のポイントへ。魚がいる場所を捜しながら、多くのポイントを探るのがこの陸っぱりでのライトソルトウォーターゲームの醍醐味だ。こうして、漁港、堤防、砂浜とポイントを変えながら、ヒラスズキやフエダイといった様々な魚を釣り歩く2人。

やがて日も暮れ、実釣終了かと思いきや…2人はさらなるポイントへ。渡邊が狙うのは漁港や堤防の街灯があるポイント。海を見ると様々な魚たちが集まっている。実は今、夕暮れからこの街灯下で誰でも気軽に楽しめるある釣りが大ブーム。ターゲットは釣ってよし、食べてよしのあの魚。釣り方は、その名もズバリ…アジング。

いつでも、誰でも手軽にできるライトソルトウォーターゲーム。必見です。


詳細情報

 
 
場所/ポイント 千葉県・勝浦
出演者 高橋 慶朗(たかはし みちあき)
渡邉 長士(わたなべ たけし)
タックル図
----- 使用タックル -----