2009年9月26日

出るか!?“ 落とし込み”で狙う 大物 青物!

大物釣りの名コンビが復活!?
今年6月6日放送の「呼子の泳がせ釣り」で釣行をともにした早川友治と秋丸美帆。3.5キロのヒラマサにはじまり良型のヒラメやマダイ、さらに11キロオーバーのクエなど、次から次へと高級魚を釣り上げ多くの釣り人を驚かせた。
そんな2人が、この秋、再び手を組む。目指すは長崎県平戸市。四方を海に面し、屈曲に富んだ海岸線はいくつもの良港を育んでいる。今回は平戸の早福港から出船、「落とし込み釣り」で大型青物を狙う。

「落とし込み」の釣り方は、まず6本針のサビキ仕掛けを海に落とし、イワシやアジといった小魚(ベイト)をかける。そして小魚がついたら、船の上に上げることなく、そのまま2~3m海底に落とし込む。小魚をエサに、さらに大きな魚を狙うといった釣法だ。

釣った小魚をそのままエサに、大物を狙う「わらしべ釣法」だ!
「泳がせ釣りより、6本の針で狙う分ヒットの確立が単純に高い。」と語る早川。するとぴくぴくと竿に反応が…「よし!(エサが)ついた、ついた」ゆっくりと落とし込む。小魚の反応を感じながら、アタリを待っていると急激に竿がしなる。このヒキはヒラマサか!?

「青物のヒキって、たまらない!今回は“デカマサ”を狙います。」そう話す秋丸。アタリがくる度に「うううう・・・」とうめき声が上がる。青物の強烈なヒキに耐えられるのか!?

今がシーズン真っ盛り!良形の青物が連発!?さらになかなか釣れないあの高級魚まで!
釣り人を本気にさせる「落とし込み」の魅力が満載の30分です。


詳細情報

   
 
 
場所/ポイント 長崎県平戸市・早福港
出演者 秋丸 美帆(あきまる みほ)
早川 友治(はやかわ ゆうじ)
タックル図
----- 使用タックル -----

取材地連絡先 関勝丸
(0950)27-1169