2010年2月27日

豪華2本立て!
瀬戸内海でブームの尺メバル釣り&和歌山 マダイ五目釣り

今回は豪華2本立て!!

それぞれ、若いアングラーとベテランアングラーの見事なコンビネーションで、サイズも型も良いターゲットを連発!
まずは山口県柳井沖で、尺(30cm級)メバルを狙う。釣り方は、ワームを使った「ご当地釣法」!(※ワーム=ゴム製ルアー)

この“ワームメバル”にSFAの女子大生大物ゲッター“秋丸美帆”が初挑戦。地元アングラーで“ワームメバル”の達人・早川 徹に教えを請いながら、尺メバルを狙う。
柳井漁港から約40分の所にある平群島周辺の岩礁地帯がポイント。

まずは一投目、いきなり名人・早川ヒット。続いて初挑戦の秋丸もヒット、追い食いに成功し、いきなり4尾を釣り上げる。幸先の良いスタートだ!続いての投入でいきなりロッドの先が引き込まれる、かなりの大物に違いない!

ちなみに、成長の遅いメバルは、30cmになるのに10年はかかると言われる。「尺メバル」は、釣り人憧れのターゲット!

小柄ながら次々に大物を釣り上げる“秋丸伝説”がいよいよ、メバルでも“開幕”か?!。果たして尺メバルを釣ることが出来るのか!乞うご期待!



続いて和歌山県南部の田辺沖で、今、盛んに釣れているという食べ頃サイズのマダイを狙う。アングラーは沖釣りのスペシャリスト矢野貴雄と沖釣り初心者のSFA松田拓也。ともに大阪在住のアングラー、浪速パワー全開で爆釣なるか?

ポイントの水深は約80m、船長の指示ダナは底から5m。2人は指示ダネで勢いよくコマセを振り出し、アタリを待つ。矢野の仕掛けはハリス4号の1本針、松田は4号の2本針。矢野は、クッションゴムを付けず、天ビンに直接ハリスを結ぶ。クッションゴムは魚の急激な引きの衝撃を和らげるためのアイテムだが、現在は竿やリールの性能で十分程度かわすことができる。矢野は極力シンプルな仕掛けにしたいと言う。

1投目から2人のロッドがしなり、電動リールがうなりを上げる。
本命マダイをゲット。その後もアタリは止まらず、マダイを連発。

最後は、松田がイサキを2尾掛け。和歌山の豊かな海を充分堪能した。


まだまだ寒い今日この頃、釣りの楽しさ満載のバラエティーに富んだ30分をお楽しみあれ!


詳細情報

 
 
場所/ポイント メバル=山口県柳井沖
マダイ五目=和歌山県田辺沖
出演者 秋丸 美帆(あきまる みほ)
早川 徹(はやかわ とおる )
矢野 貴雄(やの たかお)
松田 拓也(まつだ たくや)
タックル図
----- 山口メバル 使用タックル -----

----- 和歌山マダイ 使用タックル -----

取材地連絡先 柳邦丸(山口柳井)
090-7992-8055

海迅丸(和歌山田辺)
0739-22-5803