2010年5月15日

房総半島を駆け巡れ!陸っぱり・ルアーゲーム

浜に磯…、初夏の房総半島を、ルアータックル片手に駆け巡る。
アングラーは、ルアーフィッシングのエキスパート・高橋慶朗。そして、房総半島をホームグラウンドとする若手ルアーマン・渡邉長士。過去にも“タッグ"を組み、朝から晩まで、果ては翌朝まで、過酷な陸っパリ釣行を共にしてきた二人。狙いは、ルアーフィッシングの代名詞・シーバスや、同じく高い人気を誇るヒラメ、マゴチといったフラットフィッシュと言われる魚たち。

まず二人がやってきたのは、南房に位置する浜(サーフ)。魚の活性が高くなる明け方(朝マヅメ)のチャンスタイムを逃すまいと、夜明け前・3時からポイントに入ったのだが…。そうそう簡単には釣らせてくれない。大海原の中から自分の力で魚を見付けださなくてはならないのだから、それもそのはず。しかし、ルアーを投げ続けることで、釣りをしながら情報を集めていき、最終的に魚に到達することこそ、ルアーゲームの真髄。

投げる場所・ルアー、手を変え品を変えているうちに気付けば夜も完全に明けた6時半。高橋に待望のヒット!上がってきたのは、50cmオーバー・良型のマゴチ。翌日も同じ浜を攻めると、良型のマゴチが連発! 潮が引く時間を見計らい、次は外房の磯へ。狙いは、サラシに潜むあの魚。投げては移動を繰り返すラン&ガンで、様々な磯を駆け巡る。

結果は、果たして…。

詳細情報

 
場所/ポイント 千葉県・房総半島
出演者 高橋 慶朗(たかはし みちあき)
渡邉 長士(わたなべ たけし)
タックル図
----- 使用タックル -----