2011年6月25日

近くの川へ今すぐ行こう!お手軽カープフィッシング

 休日、ちょっと新しいことを始めようかな?そんなあなたに提案したいのが今回の釣り!首都圏を流れる多摩川で、こんなにカンタンに、こんなにたくさん釣れてしまう!狙うのは、日本で古くから釣りのターゲットとして親しまれている鯉(カープ)。釣法は今話題のヨーロピアンスタイルだ。
 ヨーロピアンスタイルの最も大きな特徴は、カープベイツという小さなボール状のエサを使うこと。カープベイツには様々な色、味、匂いがあり、それを使い分けることにより、戦略的に数釣りが楽しめるのだ。

アングラーは、本場ヨーロッパでカープフィッシングに親しみ、今は日本でヨーロピアンスタイルの普及に務めるロベルト・コルメナと、スーパーフレッシュアングラーの高槻慧だ。幼少期、多摩川でよく鯉釣りをしていたと言うが、ヨーロピアンスタイルは今回が初めて。カープロッドを持っていない高槻は自前のライトタックルを使用。専用の竿がなくても出来る手軽さ。それもこの釣りの魅力だ。
 仕掛けの準備はOK。さぁ、あとは鯉のアタリを知らせるアラームが鳴るのを待つだけ。
 鳴り響くアラーム!そして、爆釣の嵐!怒濤の30分。見逃すな!

詳細情報

場所/ポイント 多摩川(稲田堤周辺)
出演者 ロベルト・コルメナ
高槻 慧(たかつき さとし)
タックル図
----- 使用タックル -----

取材地連絡先 無し