これまでの放送:2013年11月30日

「秋磯到来!鹿児島県甑島のグレ釣り」

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
 秋磯シーズン到来!これから気温が下がるにつれ、磯釣り師の心を熱くするグレ。まだ時期としては少し早いものの九州で屈指の人気フィールド鹿児島県甑島で狙う。
 アングラーは地元鹿児島在住の藤園賢一郎と大阪在住の武田一平。ここ甑島は魚影が濃く、グレ以外にも魅力的な魚が数多く生息している。甑島周辺のはやい潮で育った魚は他の地域の同じサイズの魚よりも引きが強いと藤園は言う。

 2人は薩摩川内市の串木野港から出船。1時間半かけて甑島の鹿島・千畳へ。ここは過去に60cmオーバーのオナガグレの実績があるポイント。朝7時、実釣を開始。マキエを打ち、仕掛けを投入していく。藤園1投目はエサをとられ、そして2投目以降イスズミを連発。どうやら水温が高くエサ取りが多いようだ。釣り続ける事およそ1時間。藤園の竿が弧を描く。釣り上げたのは真っ青できれいなクチブトグレ。サイズはおよそ37cm。まだヒットのない武田に藤園がアドバイスをする。「グレのいるタナまでマキエと同調させながらゆっくり落とせば釣れる。」武田に35cmのクチブトグレがかかった。
 さらに藤園の竿が大きく曲がった。なかなかの大物だ。緊迫のやりとりの中、上がったのは45cmある良型のクチブトグレ。この時期、40cmオーバーのグレを釣り上げることは至難の業だと撮影前に言っていた藤園だったが、見事に価値ある一尾を獲った。
 その後も2人はグレ以外にもカツオやイサキなどの強烈な引きも堪能。ヒットしてくる魚たちとのやりとりを存分に楽しみ秋磯を満喫した。
場所/ポイント
鹿児島県・薩摩川内市甑島
取材地連絡先
ハーバー1
TEL:0996-32-8314
ホームページはこちら>>
  •  
  •  
  •  
  •  
  •