これまでの放送:2014年3月15日

「出るか!?ビッグバス 夢のフィールドでアメリカンバスを狙う!」

バスフィッシングの本場・アメリカの中でも、フロリダ、カリフォルニアと並び、ビッグバスが多く生息するテキサス。中でもレイクフォークは、トーナメントを戦う多くのバスプロが本拠地とする全米屈指のレイク。アメリカバスフィッシングのトーナメントのB.A.S.S、中でもその最高峰に位置するエリートシリーズに参戦するサムライ宮崎友輔が、レイクフォークとレイクモンティセロでビッグバスに挑む。
釣行日はコールドフロント(寒冷前線)が通過し、気温がマイナスまで下がるバッドコンディション。プリスポーン産卵直前とは言いながら、魚がどこにいるか分らない状況。しかもアメリカの湖は広大だ。
そんな中、宮崎は広大なエリアから確実にバスがいる場所を見つけていく。スタンディングティンバー(立ち木)やレイダウン(倒木)、水の通り道となる橋脚まわりの少しでも変化のある場所を探る宮崎。
ウィードがあるエリアではスクエアビルのルアーで上手く水草をかき分け。バスのリアクションを誘っていく。すると、喰ってきたのは・・・!!
昨年のB.A.S.Sエリートシリーズを勝ち抜き、全米最高峰のバストーナメントと言われる2014バスマスタークラシックにも出場した宮崎が魅せるトップトーナメンターの技、お楽しみに!
場所/ポイント
アメリカ
レイクフォーク、レイクモンティセロ(テキサス州)
取材地連絡先
なし