これまでの放送:2014年7月19日

「水中映像満載!身近な川でお手軽フィッシング」

 今回は、夏休みにもってこい!初心者でも手軽に楽しむことが出来る、テナガエビ、オイカワ釣り。この釣りの面白さを水中映像をたっぷり使ってご紹介!アングラーは、ソルトルアーフィッシングのパイオニア・村越正海と、SFA(スーパーフレッシュアングラー)の高槻慧。訪れたのは村越の地元、小田原市を流れる酒匂川。ここは村越が幼い頃から釣りをして遊んだ、慣れ親しんだフィールドだ。
まずはテナガエビ釣りから開始。目で底が見える浅い場所で、テナガエビが隠れていそうな石の隙間にエサを垂らしていく二人。すると、まず顔を見せてくれたのはハゼだった。小さなゲストに笑みがこぼれる。しかしその後、釣れるのはハゼばかり。早く本命を釣り上げたいところ。すると村越、川底にテナガエビを発見。慎重にエサを垂らすと、待望の1尾目を釣り上げた。高槻もテナガエビを見つけエサを垂らす。しかし、アタリはあるが、中々食い込まない。水中映像を見てみると、なんとハサミをうまく使ってエサを捕食していた。針掛かりするまで粘ってみると、見事食わせ、釣り上げた!その後も順調に数を増やしていく。
ひとしきりテナガエビ釣りを楽しんだ後は、少し上流へ移動し、流し釣りでオイカワを狙うことに。水の中を覗いてみると、無数のオイカワの姿が。さっそく実釣開始。仕掛けは、蚊に似せた毛針を使用。水面に蚊を捕食しにきたオイカワを狙う。次々と釣れ上がるオイカワ。その美しい魚体に村越と高槻は大満足!
夏休みにもってこいのこの釣り。ひと夏の思い出作りに近所の川に出かけて、自然と触れ合ってみては?
場所/ポイント
神奈川県・酒匂川
取材地連絡先
なし
  •  
  •  
  •  
  •  
  •