これまでの放送:2014年9月6日

「人気絶頂!大阪湾・テンヤのタチウオ釣り」

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
大阪湾での沖釣り最大の人気ターゲット「タチウオ」。広く日本中に生息するタチウオだが、大阪湾でのタチウオ釣りは「タチウオテンヤ」を使った独特な釣り方をする。

他のエリアでタチウオ釣りをする人からすると、なぜあんな大きなハリがあの薄っぺらで縦長のタチウオの口にフッキングするのか不思議でしかたないはず。エサは? エサの付け方は? どうやって釣るの?

今回は「テンヤのタチウオ釣り」に精通した地元アングラー・矢野貴雄が、この釣りのメカニズムから釣り方までを詳しく紹介する。

朝6時、大阪・泉佐野市の港から出船。
南へ1時間ほど走る。ポイントは洲本沖、紀伊水道を北上してきたタチウオの群れがこの時期、この辺りで留まるためタチウオの魚影が濃いという。

エサはイワシを使う。イワシをテンヤにセットして投入、まずは海底まで沈める。そして着底すると3メートル巻き上げてシェイク…、このシェイクでタチウオを誘うのだ。アタリがなければ少し巻いて、またシェイク…、すると竿先がわずかに引き込まれる。矢野はこのわずかな動きを見極め、一気に竿を立てる!

僅かなアタリをとって、豪快に合わせる…、船に乗れば誰もが手軽に楽しめるテンヤのタチウオ釣り。是非ご覧下さい。
場所/ポイント
大阪湾・洲本沖
取材地連絡先
釣船 上丸
TEL:090−8383-6633
  •  
  •  
  •