これまでの放送:2015年10月3日

「東西を代表するアングラーが10年ぶりの共演!村越・中井の和歌山釣行」

ソルトルアーフィッシングのパイオニア村越正海と、
中井一誠が10年ぶりに番組で共演。和歌山の海で楽しく話しながら釣りをする。
村越は普段の取材とは違い、釣り道具を持たずに港へやってきた。
出迎えたのは、和歌山で釣り舟の船頭をしている中井。
中井は年間200日以上は海に出ている。
客に楽しい釣りをしてもらおうと、タイラバを研究し続けている。
今回、村越は中井の船に乗り込みタイラバを中心にいろんな釣りを楽しむ。

午前7時出船。中井の操船で和歌山港沖を目指す。
タイラバの経験が少ないという村越に、慣れた様子でレクチャーする中井船長。
ポイントを移動し、潮の流れを感じ、
ヘッドの重さを代えて、二人は釣果を上げていく。
53cm、61cm、71cmのマダイを釣り上げた。その後、ターゲットを根魚に変更。

タイラバ用のルアーを即興でアレンジする村越。
中井もいろんなルアーを組合せ、ガシラを連発させる。
「50歳を過ぎても、こんな釣りが楽しい!」と2人は大はしゃぎ。

観れば釣りに出かけたくなるはず…。
どうぞ、お楽しみに!
場所/ポイント
和歌山県・和歌山港沖
取材地連絡先
釣り舟 海竜
TEL:090-5974-1716