これまでの放送:2015年10月24日

「食物連鎖で迫力ファイト!玄界灘の落とし込み釣り」

今回は、九州の玄界灘を舞台に豪快で迫力あるファイトが人気の落とし込み釣り。
狙うは大型の青物。アングラーは沖釣りのエキスパート・北本茂照。
そして、番組初登場で福岡在住の女性アングラー郷原未来。

福岡県神湊港から出船。ポイントまでは、約1時間。
落とし込み釣りとは、食物連鎖を利用した釣法だ。
中層にいるベイト(エサとなるイワシやアジなど)を掛け、
そのまま仕掛けを底まで落とし、ブリやヒラマサなどの大型青物のみならず、
マダイやヒラメ、カサゴなどが狙える。
小魚と大型魚を同じ仕掛けで釣る為、仕掛けはかなり小さい。
その為、バラシが多い釣りでもある。開始直後、郷原の仕掛けにベイトが掛かる。
慎重に仕掛けを落とし、本命が食いつくのを待つ。

すると、竿が大きく弧を描く。なんとか竿を立てようとする郷原。
しかし、根に入られてしまい、ラインを切られた。
「間違いなくヒラマサだった!」と郷原。
続いて、北本の竿がしなり迫力あるファイト繰り広げられる。
見事に釣り上げたのはヒラマサ。その後、北本はヒラマサを連発。
なかには80cmオーバーの良型も。郷原も負けじと90cmのヒラマサをキャッチ。
他にも、カサゴ、サワラ、マトウダイ、キジハタなどを釣り上げた。
豊穣の海で繰り広げられる迫力ファイト!どうぞ、お楽しみに。
場所/ポイント
福岡県・玄界灘
取材地連絡先
第二宮一丸
TEL:090-8666-6500