これまでの放送:2016年5月21日

「紀伊半島沿岸爆走!シーバスを追え!!」

紀伊半島沿岸を爆走、シーバスを狙う。

アングラーはシーバスフィッシングのエキスパート、
高橋慶朗と山本典史。
紀伊半島を良く知る山本がポイントを選ぶ。

まずは、紀伊勝浦の沖磯でヒラスズキ釣り。
ヒラスズキが釣れる条件として
①ベイト、②潮の流れ、③サラシが挙げられる。
ヒラスズキはサラシに身を隠し、ベイトを捕食するため、
ベタナギではまず釣れない。

この日はほどほどのサラシがあり、
朝マヅメのチャンスで、高橋が2尾、山本が1尾をキャッチ。

やがて日が昇ると気配が無くなり、
午前中で沖磯を切り上げ、河口でシーバス(マルスズキ)を狙うことに。

熊野川に向かうが、2日前の大雨で川は増水し、ひどく濁っていた。
とても釣りができる状況ではない。

だが紀伊半島には無数の河川があり、ポイントには事欠かない。

次に2人が向かったのは、日置川。
夕まづめから深夜にかけて狙う。
日が暮れ、しばらくすると、山本がヒット。
しかし取り込み寸前でバラシ。
その後はアタリが無い。

翌朝、少し状況が落ち着いた熊野川で竿を出してみるがノーフィッシュ。
追いつめられた山本は最後の引き出しを開ける。

熊野川から紀伊半島沿岸を走ること約4時間。
やってきたのは有田川。
夜通し覚悟でシーバスを追う。
果たして…

場所/ポイント
和歌山県
取材地連絡先
清丸渡船
TEL:0735-52-5574