これまでの放送:2016年6月18日

「北に進路をとれ!ライトショアジギング」

今回は、人気急上昇のライトショアジギング。
20g~60gの軽いメタルジグで小型・中型の青物をショアから狙う。
アングラーは、ルアーフィッシングのエキスパート高橋慶朗と
岩手在住のルアーマン佐々木修。

初日、午前4時。
新潟県上越市のサーフから始める。
ライトショアジギングはジグを海底まで沈め、
着底したらワンピッチジャークでルアーを巻き、
中層付近まで来たら再び底に沈める。

基本のパターンの一つだ。
他にも、ただ巻きでも釣れることもある。
釣りを開始して1時間、高橋の竿にアタリが。
釣り上げたのはイナダ、新潟ではフクラギと呼ばれるブリの若魚だ。

その後、再び高橋の竿にアタリが。
見事サゴシを釣り上げた。
サゴシとは、サワラの子供のことである。
やがて、日が高くなり魚の気配がなくなる。

二人は上越市から北上し村上市へ移動する。
村上市府屋(ふや)のサーフで再開。
ここでも、高橋が夕まづめのチャンスを逃さず、
ソゲと呼ばれる小型のヒラメ1枚と、
2尾目のイナダを釣り上げて初日を終えた。

2日目、午前3時。
村上市寒川(かんがわ)のサーフからスタート。
しかし、アタリもなく午前中ノーフィッシュ。
そこで、二人はさらに北上、山形まで移動することに。

この決断が、まさかの展開にー。
ライトショアジギングの魅力がたっぷり詰まった30分。
どうぞ、お楽しみに。

場所/ポイント
新潟県・上越市、村上市
山形県・酒田市
秋田県・にかほ市
取材地連絡先
フィッシングガイドサービス サンタ
TEL:080-6001-4926