これまでの放送:2016年9月24日

「鯵!黒鯛!カサゴ!ムツ!ライトソルトゲーム」

今回は手軽で楽しいライトソルトゲーム。
ライトソルトゲームとは、メバル、カサゴ、アジといった
比較的小さい魚を手軽なタックルで狙う釣り。

一見簡単そうに見えるが、初心者から
ベテランアングラーまでがハマる奥の深い釣りだ。

今回のフィールドは千葉県房総半島。
ここは、東京湾に面した「内房」と外洋に面し好ポイントも多い
「外房」とさまざまな釣り場が点在する好フィールドだ

アングラーは房総半島をホームとする
マルチルアーマン渡邉長士と博多の釣りガール秋丸美帆。

最初に入ったのは、いすみ市・夷隅川の支流。
河口の汽水域では様々な魚が狙える。

釣り歩いていくと渡邉にヒット!
ファーストフィッシュはクロダイ。
ライトタックルだからこそ、ダイレクトな引きが楽しめる。

夕方、ポイントを漁港に移し、今度はアジをルアーで釣るアジング。
ライトソルトゲームの中でも近年ブームになっており、
繊細なアタリをかけていくテクニカルな釣りだ。

まずはジグヘッドにワームを付けただけのシンプルなリグで狙う。
ここまでノーヒットの秋丸。
この釣りは経験が少ないようで、中々イメージが掴めない様子。

そんな秋丸を横目に、渡邉ヒット連発!
実は、渡邉はジグヘッドの前にシンカーを加える事によって
飛距離がでるキャロライナリグに変更していた。

沖にアジがいると読んだ渡邉の作戦が的中し、
なんと1キャスト、1ヒット!
大満足の釣果となった。

その後は更なる良型を求めて房総半島を駆け回る!
ライトソルトゲームの魅力が詰まった30分!
どうぞお楽しみに!

場所/ポイント
千葉県・房総半島
取材地連絡先
なし