これまでの放送:2017年1月7日

「新年早々大爆釣!深場を狙う ディープタイラバ」

仕掛けを海底まで落としをただ巻くだけで
簡単にマダイが釣れると人気のタイラバゲーム。

今回は、タイラバで深場を狙う「ディープタイラバ」を紹介する。

舞台は京都府の丹後半島沖。
アングラーは、ソルトルアーフィッシングのパイオニア村越正海。
そして、ミスター・タイラバ、中井一誠。

初日、午前7時に出船。
舞鶴港から走ること約2時間、ポイントに到着。
水深は120m。
仕掛けを投入し釣り始める。

一般的にタイラバは水深80mまでを狙うことが多く、
120m近くの深さでやることは少ない。その為、
好奇心旺盛なマダイが食ってきやすい。

釣りを始めて2時間、中井の竿にアタリが。
釣り上げたのは53cmの良型。さらに中井の竿がしなる。
連続ヒット。

一方、村越にもアタリが。竿が大きく弧を描く。
これはデカイ。釣れたのは75cmの大物だ。

これに中井は「見た目は僕の方がキレイですけどね」と一言。

その後、村越は60cmを中井も65cmを一尾ずつ追加して、
上々の釣果で1日目を終えた。

2日目。
この近海でタイラバである魚が釣れるという。
それはなんとマダラ。ポイントの水深は190m。

そして、この日も中井は絶好調。
いきなり約4kgのマダラをヒットさせると続けざまに
4kg、5kgクラスの良型をゲット。
これを見て「大きさじゃないから」と村越。
そして、最後の仕上げに再びマダイ狙いへ。

すると、今度は村越にアタリが。
竿が大きくしなり、ラインが止まらない。出るか、大鯛?!
新年から大爆釣のディープタイラバ。

どうぞ、お楽しみに!

場所/ポイント
京都府・丹後半島沖
取材地連絡先
TOPS JAPAN
TEL:090-9048-9107