これまでの放送 2017年4月29日

キャスティングで差をつけろ!春バス攻略のススメ

春のバス釣りシーズン到来。

今回は千葉県市原市にある人気フィールド、
高滝湖でブラックバスを狙う。

アングラーは陸っぱりのプリンスこと川村光大郎。
バスは春になると、積極的にエサを求めて深場から浅場へやってくる。
暖かくなるにつれ活発にエサを捕食するため、
春はアグレッシブな釣りが楽しめる。

初日、まずは流れ込みのポイントを狙う。
流入している水際にクランクベイト(ハードルアー)をキャスト。
しかし反応はない。
流入している水は本湖よりも水温が2℃も低かった。

ここには食い気のあるバスはいないようだ。
バスは地形変化のある場所や立ち木などの障害物のまわりに付きやすい。
川村はバスが付いていそうなポイントを探っていくが、
どこにもバスの姿は見当たらない。

「こんなに反応がない高滝湖は初めて」と川村。
初日はノーフィッシユで終えた。

2日目は晴天に恵まれた。
まずは、ネコリグで立ち木を狙い正確にキャスト。
するとヒット。
約40センチの良型を釣り上げた。

日が高くなり気温も上がってきた。
川村は橋の下のポイントに入った。
橋脚まわりのストラクチャー(障害物)付近にキャストし丁寧に探る。
するとヒット。
45センチのナイスサイズ。

その後、1尾を追加し、夕方には再び下流へ移動し、
さらに1尾を追加した。
「1日でこんなに変わるんですね。」と川村。

湖底にかけ上がりのあるポイントに入った。
ルアーはスピナーベイトやシャッドといった巻き物系のルアーを選択。
深場から浅場を引く。

するとゴンッ!!
竿がしなりラインが引き出される。
44センチのグッドプロポーションな一尾だった。
「これがたまんない!」と満面の笑みの川村。

「高滝湖に限らずバスフィッシングはキャストが大事。
バスがいる所に正確に静かにキャストする精度が求められる」と川村は言う。

さらに川村光大郎直伝キャスティング講座。
秋丸美帆を交えてキャスティング上達法を詳しく紹介。

キャスティングがわかればバスフィッシングはもっと上手くなる。
どうぞ、お楽しみに。

タックル

出演者

DATA

場所/ポイント 千葉県・高滝湖
千葉県・高滝湖
取材地連絡先 なし