これまでの放送:2017年5月13日

「牡蠣イカダで迎え撃つ!広島湾のチヌ」

今回は広島湾に浮かぶ、牡蠣(カキ)の養殖筏からチヌを狙う。

広島県阿多田島(あたたじま)の沖合にはカキを養殖する筏が数多くある。
チヌはカキの貝殻に付着した虫などを目当てに群がってくる。
そんなチヌを迎え撃つというわけだ。

ベストシーズンは6月から7月頃。
釣果の多い日は、1人で100尾以上も釣れるという。
撮影を行った4月下旬は型狙いの豪快な釣りが楽しめる。

アングラーは広島在住の木村公治。
木村はチヌ釣りのエキスパートだ。

豊富な経験と、独自の想像力で毎回おもしろい釣りを見せてくれる。
今回は、どんな釣りを見せてくれるのか…。

初日の朝。
筏へ到着すると、
木村は3分間隔でマキエを打ちはじめた。

「規則正しくマキエを入れることで魚の寄りが早くなる。」と、木村。
これが朝ごはんの合図になるという。

釣り方はマキエで魚を寄せて、仕掛けを潮に流してサシエを食わせる。
いわゆるフカセ釣りだ。

まずはタナを決めずに、海底付近までゆっくりと仕掛けを馴染ませ、
魚の食い気を探る。
すると、1投目でいきなり食わせた!
釣り上げたのは40cmオーバーの本命、チヌ(クロダイ)。
「作戦成功!」と、木村は満面の笑み。

実は、ハリスにある工夫を施していたのだ。
木村曰く"ストレート釣法"だという。
その後も49cm、54cmと良型を連発させた。
名手の技が光る30分お楽しみに!

場所/ポイント
広島県・阿多田島沖
取材地連絡先
平内渡船
TEL:0827-53-2298