これまでの放送:2017年8月26日

「相模湾の夏!エサとルアーで狙うカツオ&キハダ」

今年もこの季節がやって来た!
相模湾のカツオ&キハダ!

今回は、「エサ」と「ルアー」異なった釣り方で狙う。

まずはエサ釣り、ターゲットはカツオだ。
アングラーは、沖釣りのスペシャリスト・田渕雅生と
仕掛けの開発に携わる宮澤幸則、
そして番組初出演、SFA(スーパーフレッシュアングラー)の大島匠。

8月にコマセ釣りが解禁し、さらなる盛り上がりを見せている相模湾。
期待に胸が膨らむ。

カツオの群れを先回りし、船長の合図と共に仕掛けを投入する。
この時、すばやく投入出来るかが釣果を大きく左右する。

すると、1投目から田渕、宮澤にヒット!
どちらも良型のカツオだ。

続いて大島にもヒット!
これぞ夏の相模湾!
開始直後から船中はお祭り騒ぎだ!

そして後半は、ソルトルアーフィッシングのパイオニア・村越正海と
ロッドの設計に携わる富樫祐毅の2人がルアーでキハダを狙う。

ポイントに到着すると、キハダを狙う多くの船が。
そして水面には無数のカツオのナブラが。

その下には、キハダがいるのだろうか。
村越はエビング、富樫はジギングでスタート。
様々なシャクリ方でキハダにアピールしていく2人。

相手はマグロ。
油断していては、釣り上げる事は難しい。
いつヒットするか分からない緊張感が2人を包む。

すると、富樫が掛けた!
激闘の始まりだ!
上がってきたのは20キロクラスのキハダ!

更に、村越にも!
掛けた瞬間からものすごい勢いで突っ込んでいく!
これも良型のキハダに違いない!

そしてこの後、まさかのキハダ連発劇が!?

どうぞお楽しみに!

場所/ポイント
神奈川県・平塚
取材地連絡先
庄三郎丸
TEL:0463-21-1012