これまでの放送:2018年5月19日

「可能性は無限大! 投げ釣り革命キャスティズム」

磯や砂浜、ゴロタ浜などで、投げ釣り用のタックルを使い、
ありとあらゆる魚を狙うキャスティズム。

海のルアーフィッシングのパイオニア、
村越正海の柔軟な発想から生まれた釣りだ。

釣行初日、村越は西伊豆仁科の地磯にやってきた。
2本の竿を出し、オモリと針だけのシンプルな仕掛けを投げて待つ
"ぶっこみ釣り"にチャレンジ。
想定しているターゲットは根魚のカサゴやアカハタ。
エサはサバの切り身とイワイソメの2種類を使う。
サバはエサ盗りに強く、イワイソメは色んな魚が食いつきやすい。

まず釣れたのはアナハゼ。
しばらくして約30cmのマダイ。
村越は10年以上キャスティズムを展開してきたが、マダイは初ヒットだ。

その後、オモリと針の間隔を詰めて底ベッタリの仕掛けに変更し、
カサゴ狙いに絞る。
そして2尾をキャッチ。

2日目は南伊豆の吉田の地磯へ。
伊豆半島を代表する一級磯で、カサゴはもちろん
アカハタや石鯛、ヒラスズキなど豊富な魚種が狙える。

朝から始め昼頃までアタリが無かったが、
やがて良型のアカハタがヒット。

その直後、目の前にナブラが!青物に追われた小魚が水面でバシャバシャと跳ね、
それを上空から海鳥が狙っている。
村越は持ち合わせていたメタルジグに変え、すぐさま遠投。
そしてヒット。
78cmのワラサだった。
これもキャスティズム初のターゲット。

めまぐるしく変化する海の状況に
臨機応変に対応し、様々な魚を釣っていく
キャスティズムの醍醐味をご覧あれ!

場所/ポイント
静岡県・伊豆半島
取材地連絡先
なし