上映会をご希望の方はこちらまで
劇場版「春子 最後の夏」を身近な施設で上映し命について考えてみませんか? 上映時期・方法・料金など詳細については下記までメールにてご相談ください。
メールのあて先はこちら
劇場版感想大募集!04
劇場版感想大募集!
劇場版感想大募集!01
劇場版感想大募集!02
劇場版感想大募集!03
劇場版感想大募集!04
→いただいた感想はこちら
いただいた感想

【大阪府 はるなママさん】

春子さんにまた会いたくなりました。動物たちと飼育員さんの間に、
こんなにも深い絆があるんだいうことを知りました。
これからたくさんの人に映画をみてほしいです。小、中学校や幼稚園、保育園での
上演も是非是非行ってください。動物たちは、人の言葉が話せなくても理解し、
行動しているんだということを知ってほしいです。
本当は、人が動物たちの伝えたいことをきちんと理解しなければならないんですよね。
言葉という手段をもつ人と人は、もっともっとお互いのこと理解し、
仲良くできるのかもしれないですね。動物の観察だけでない、動物園の奥深さを
見た気がします。動物園にまた行かせていただきます。

【大阪府 むうころりんさん】

去年の夏に春子が亡くなったことは知っていましたが、裏でこんなドラマがあったとは
知りませんでした。とても確かな、大きくて深い感動を与えられました。
倒れる30分前までお客さんを喜ばせていた。最後までがんばったんだね、春子。
春子の目が、静かで温かな目。すべてを分かっていた目。その目が動かなくなった
シーンで号泣でした。
作りものではない、真実のドラマを見せていただき本当にありがとうございます。

【兵庫県 kumikoさん】

ドキュメンタリー映画、初鑑賞の私ですが、ずっと春子の世界に引き込まれ
今も彼女の姿が脳裏に焼き付いて離れません。瞳で無限の問い掛けをする春子と
彼女を支える人々を見事なカメラワークで捉え続けたこの作品に魂を揺さぶられました。
清楚で凛と生き抜いた春子の最期、題材はシンプルなのにその奥の深さは、
日を経るごとに形を変えて私の心に蘇ることでしょう。

【大阪府 koyagi0606さん】

地上波での生前、亡くなってからの両方の放送を見ておりました。そちらを踏まえて感じた
感想を書かせていただきます。
映画の中では春子さんの生前や、亡くなった後の周囲の人たちの思いが本当に丁寧に映し
出されており、新たな感動を感じました。生前の動物園でのスターだった春子さんだからこそ、
ドキュメンタリーで取材をされたんだと思いますが、亡くなってからも銀幕デビューまで果たし
多くの人に感動や命の大切さを教えてくれスターであり続ける春子さんにはカッコよさすら感じ
てしまいます。進んでいく時間と飼育員さんの苦悩や春子さんの老いは少しずつこみ上げてくる
ものがあり、100周年に生きていてほしいというそれぞれの思いが手肌に感じられるようでした。
映画の中では、ただ亡くなる事実を伝えるのではなく、春子さんという存在のすばらしさを本当に
丁寧に伝えられていたと思います。春子さんが亡くなってからの飼育員さんの思いや、その後の
サマースクールでの子どもたちの輝いている眼差し、そして小谷さんや西田さんがゾウ担当から
その後に離れている事実を伝えるエンドロール。春子さんの死ただただ悲しいのではなく、春子
さんとそれを取り巻く人々の相互の思いが映画から伝わってきて本当に本当に感動しました。
是非ともこのような素晴らしい作品を1人でも多くの方に知ってもらえるようになれば良いなと思
いました。テレビや映画があってよかったと心の底から思える作品でした。本当にありがとうござ
いました。

【大阪府 あこあんみさん】

飼育員さんが春子に話しかけると、ちゃんと春子に伝わっていて、
キズナができているのがわかりました。愛がいっぱいだからですね。
あと、スタッフさんたちが長い年月をかけ、これらの映像を大切に
記録してきたことが、画面を通して伝わってきました。
春子が最後の瞬間まで命を生ききった事がとても伝わる映像でした。
素晴らしいドキュメンタリー映像です。たくさん泣いてしまいました。
本当に良い映画をありがとうございました!

【神奈川県 ラニー冬子さん】

始まってから数秒でウルウルしてしまいました。ラニー博子さんが時々、春子さんがいた寝室に糞を投げていると語られた時、春子さんとラニー博子さんの繋がりについてもジーンと来ました。とても素晴らしい作品でしたが、それだけに1つだけ大変残念な部分があります。それは動物園でゾウを飼育する難しさを紹介するシーンです。王子動物園で飼育されているズゼさんについて「育児放棄をした」という説明がありました。でも、ズゼさんが育てられなかったのは、彼女自身が生後 3 か月で母親と死別して、本来、群れの中で教えられるべき育児のやり方を教えてもらう機会を得なかったからです。それは人間のせいであり、ズゼさんが悪いのではありません。それなのに「育児放棄」という言葉で片付けてしまうのは、とても悲しいです。説明を入れる時間がとれなかったのなら、せめて「育児が上手くできない」と言ってほしかったです。春子さんがみんなに愛されているように、ズゼさんも愛されています。動物園で飼育されているすべての動物たちが、幸せに暮らせることを願っています。

【東京都 匿名希望さん】

天王寺動物園から、子供の足でも歩いて5分のところで生まれ育ちました。
現在は東京在住です。小さい頃、子供は無料で入れる時期があり、毎日のように行っていました。
もちろん象さんも大好きで、春子さんにもたくさんたくさん楽しませて頂き、感謝しています。
インターネットでこの映画のことを知り、東京でも上映があるということで見に行ってきました。
2013年5月頃、友人と天王寺動物園に行き、新しいハルカスを背に、まだ元気な姿を見せてくれていた春子さんを写真に撮り、ネットのプロフィール写真にしています。
最後の最後まで闘っていましたね。同じ女性として誇りに思います。春子さん、遠い国から日本に来てくれて、ありがとう。
春子さんのタイの名前は薔薇という意味だと知り、ますます薔薇が好きになりました。薔薇の香水をつけるたびに春子さんのことを思い出すでしょう。
飼育員の皆さん、本当にありがとう。博子さんも、もちろん他の動物たちも、みんな元気で長生きされることをお祈りし、
また里帰りで天王寺動物園に行きます。素晴らしい映画、ありがとうございました。

【奈良県 いくちゃん】

老いても気品を持って生き抜いた春さんと、その春さんの“いのち”を
懸命に支える人たちに、あらためていのちの重さを教えられた気がします。
今日(2月9日)、アポロシネマに見に行ってきました。
最初からずっと涙が止まりませんでした。
私も春子さんの体重測定をよく見に行っていました。ぜひDVDにしてください。

【大阪府 ますみさん】

小1の孫と映画を拝見しました。
何げなく、お邪魔していた動物園でこんなにも深〜い愛情物語があったなんて、、、。
春子さんと、飼育員さんとの間にある絆の深さ、飼育員さんの春さんへ捧げる愛情の深さ。
何とか立つて欲しいと願う気持ちと、もう頑張らなくってもと焦る気持ち。
映像を見てても、辛かったです。涙、涙、涙でした。
愛情に溢れた飼育員さんの姿に感銘を受けました。
今日は、1日中、春子さんと素晴らしい飼育員さんの、お顔が、頭から離れません。
孫は、飼育員さんになると、、。
春子さん、安らかに。素晴らしい映画を、有難うございました。

【大阪府 t−mさん】

ここ近年、同じ映画を再度鑑賞する事は殆ど無かったのですが、
今回「春子 最後の夏」の映画を2回鑑賞させて頂きました。
それほど私にとって一生目に焼き付けたい場面が有ったからです。
おばあちゃんゾウ・春子の臨終間際、突然倒れてもがき続ける場面、
そして老衰による永眠…
私も含めて大多数の方々が、涙無しでは観られなかったと思います…(´;ω;`)
でも、その場面を如何しても自身の心に強く印象付けたかった。春子というゾウが
66年間も生きて、そして最期は天王寺動物園の飼育員さん達を始め、
監督さん、カメラマンさんに見守られながら…(つД`)ノ
私も「もう少し頑張って生きていて欲しい」「もう楽にさせて、安らかに天国に
行かせて…」と、相反する気持ちを交互しながら、ずっとその場面を観続けていました。
天国へ旅立ったゾウ・春子は、人間達をどう思っていたかは分かりません。
でももし、私もいずれ天国へ旅立ち、春子に出逢えたらこう言いたいと思います。
「春子ちゃん、長い間天王寺動物園で沢山の人達を和ませてくれて有難う。
春子は、皆に愛され続けた偉大な象さんだったんだよ」と。
春子ちゃん、本当にお疲れ様でした。今は心から春子のご冥福を祈っています。
春子の思い出ギャラリー
春子の思い出ギャラリー00
春子の思い出ギャラリー01

【大阪府】

おそらく30年ほど前の写真です。私が大好きだったゾウさんの前で、大好きだった凍ったジュースを飲んでいる写真です。4年前に母になりました。子供が歩き出した頃からまた天王寺動物園によくお邪魔しています。4歳の娘に「この子が春子さんでこの子がラニー博子さんだよ」といつも伝えていました。春子さんが亡くなった時、「春子さん、空の上の高い高いところにいったんだよ」と娘に伝えると、娘は「私が高いところにジャンプして助けに行くんだ」と言っていました。春子さんの優しい表情が大好きでした。今まで本当にありがとう
春子の思い出ギャラリー00
春子の思い出ギャラリー02

【兵庫県 てらさん】

春子さんは私の写真の恩人です。春子さんと建設途中だった「あべのハルカス」を一緒に写した写真が天王寺動物園のフォトコンテスト2012で大阪市長賞をいただきました
春子の思い出ギャラリー00
春子の思い出ギャラリー03 2014年6月19日、晴れた暑い平日の午後、春子さんに会いに行きました。
春子さんは暑さに耐えて、自分でプールの水を吸って水浴びをしていましたが、その翌日からグランドに出なくなったと聞きました。いつも通りに暮らす春子さんを見た最後の写真です
春子の思い出ギャラリー00

【北海道 わかちゃん】

春子さん、あなたと初めて会ったのは、ある物語のお話の中でした。
遠い所に住んでいるので、めったに会う事はできませんでした。
それでも私が元気がない時に会うと、随分、励まされました。
そんな風にして66年間の間、いろんな人と寄り添って生きてきてくれたの、春さん。
春子さんから色々と考えさせられたり、教えてもらったり、感動したり、勇気をもらったり、人それぞれ感じ方は違うと思います。
春子さんが生きた証は、個々の気持ちの中に有るのかなと思ったりします。
長い間、数えきれないほどの多くの人の心の支えになってくれていたんですね。
不思議で、素敵で、あこがれの春子おばあちゃん、昔気質でちょっぴり頑固だけど、一本筋の通ったあなたのこと、大、大、大好きでした。
あなたのこと、一生忘れません。ありがとう、春さん
春子の思い出ギャラリー00
春子の思い出ギャラリー03

【大阪府 月光さん】

写真は2014年4月13日(来園64周年の前日)です。
私は65、66周年と、お祝い出来るものだと信じて疑いませんでした。
でも頭の良い春子さんは、段々と死期が近いことを悟っていたのかも知れませんね。
何とも優しい目の表情。全身から溢れ出る愛しさ。観音様(観音菩薩)を観ているようでした。
寂しいですが生涯忘れることない良き思い出の写真となりました。
2014年7月30日、天国へ召されるまで、春子さんは本当に一生懸命、渾身の力を振り絞って尽くしてくれました。春子さん安らかに。心からありがとう。
春子の思い出ギャラリー00
春子の思い出ギャラリー03

【大阪府 くろしおさん】

昨年6月に放飼場に出るのをやめてしまいましたが、春子さんはいつも放飼場にいてくれてそこにいる春子さんの姿を観るだけで安心し嬉しく思えた日々でした。
春子の思い出ギャラリー00

【大阪府 いっけさん】

幼稚園の遠足で見た象も、小学校の遠足で見た象も、大学生でデートに行って見た象も、みんなみんな、あたしが見た思い出の中の象さんは春子だったんだ。
あたしの成長の節目ごとの記憶の中に、春子はいつも生きています。
強さと威厳を兼ね備えた風格は、今も心に焼きついてます。
長い間、みんなを楽しませてくれて、本当にありがとうの気持ちでいっぱいです。
ご苦労様。ゆっくり休んでくださいね。
春子の思い出ギャラリー00

【兵庫県 納豆走法さん】

近々会いに行こうと思っていたのにという風になるのが嫌で2週間に1度のペースで春子さんに会いに行っていました。
最後に会いに行った日から3日後に旅立ってしまいました。
私の両親が生まれる前から、天王寺にいたことを思うと、感慨深く、旅立ったことを知った時には大変落ち込みました。
春子さんに密着したドキュメント番組は、永久保存版です。
春子の思い出ギャラリー00
春子の思い出ギャラリー03

【大阪府 koyagi0606さん】

春子さんと飼育員の皆さんとの間に見えた絆に感動を覚えました。
春子さんからの愛情に応える飼育員の皆さん。
そして飼育員の皆さんからの愛をしっかり受け止める春子さん。
大阪のたくさんの子供を笑顔にしてくれた春子さん。
そして春子さんを支え続けた飼育員の皆さん。
天王寺動物園の春子さんの周りには多くの笑顔があったと思います。

劇場版「天王寺おばあちゃんゾウ 春子 最後の夏」

動画配信でもご覧いただけます
TSUTAYA TVで配信中 ひかりTVで配信 7月1日〜 ビデオマーケットで配信 7月1日〜
天王寺おばあちゃんゾウ 春子 最後の夏 Facebookページ DVD、好評販売中 劇場版「天王寺おばあちゃんゾウ 春子 最後の夏」予告編
推薦 日本動物園水族館協会 テアトルシネマグループ
受賞内容

エンディング曲:DESTINO 〜運命〜
唄:冴木杏奈 作詞:冴木杏奈 作曲:ルイス・グレビッチ
協力:大阪市天王寺動物園 来園者のみなさん ムーンミュージック
監督:人見剛史 撮影:増田 健
ナレーター:鈴木理加

構成:鹿島 我 オフライン編集:田村正剛 技術:五味多宏和 タイトル:獺口知成 EED:井上 孝志 西村 潤 音楽効果:善治良博 MA:辻賢一 編成:大川一馬
宣伝:佐藤 寛 香川直也 コンテンツ・プロデューサー:田上英樹 森川健一 増田尚志 島田靖子 エグゼクティブ・プロデューサー:綱沢啓芳
広報協力:井内徳次 大場俊幸 尤超瓏 チラシデザイン:前竹光太 印刷:アートキムラ 宣伝協力:フリーハンド 配給協力:テンダープロ
配給・宣伝:東京シネマアカデミー 製作:テレビ大阪

あらすじ
情報
情報01 情報02 情報03 情報04 情報05 情報06 情報07 情報08
コメント
人見剛史(監督)のコメント 増田 健(カメラマン)のコメント 鹿島 我(構成)のコメント 鈴木理加アナウンサー(ナレーション)のコメント 田村正剛(編集)のコメント コシノヒロコのコメント 吉田沙保里のコメント 阿部祐二のコメント みっちぃこと石崎理絵のコメント 葉加瀬マイのコメント
上映劇場
2016年4月17日〜23日
上映は終了いたしました。ありがとうございました。
深谷シネマ
2016年2月6日〜2月26日
上映は終了いたしました。ありがとうございました。
あべのアポロシネマ
2016年2月6日〜2月19日
上映は終了いたしました。ありがとうございました。
シアターセブン
2015年12月12日〜12月25日
上映は終了いたしました。ありがとうございました。
シネ・リーブル池袋
2015年11月21日〜12月18日
上映は終了いたしました。ありがとうございました。
シネ・リーブル梅田
上映時間などの詳細は、各劇場にお問い合わせください。
日本動物園水族館協会 テアトルシネマグループ テレビ大阪 コンテンツビジネス テレビ大阪 YouTube公式チャンネル