ダム転落 危険運転致死の疑い

%e3%80%8d1005%e3%83%80%e3%83%a0

今年5月、
河内長野市のダム湖に
ワンボックスカーが転落し
5人が死亡した事故で、
大阪府警は運転していた男を
危険運転致死の容疑で
逮捕しました。

自動車運転処罰法違反の
危険運転致死の疑いで
逮捕されたのは
枚方市に住む
東川健義(ひがしかわ たけよし)
容疑者27歳です。

この事故は今年5月、
大阪市内の建設会社で働く6人が
乗ったワンボックスカーが、
河内長野市でバーベキューをした帰りに
10メートル下のダム湖に転落、
5人が死亡、
東川容疑者も重体となりました。
その後の調べで、
東川容疑者の血液から、
眠気などを催す
精神安定剤の成分が
検出されたものです。

東川容疑者は
「精神安定剤のような薬を
飲んで運転した覚えはない。
自分が運転していたかも
覚えていない」
などと容疑を否認しています。