イレブンスリー 国道封鎖

1103%e6%9a%b4%e8%b5%b0

毎年11月3日の未明に
岸和田市周辺の国道26号線で行われる、
集団暴走行為が
いつしか「イレブンスリー暴走」と
呼ばれるようになりました。
取り締まり強化に乗り出した大阪府警。
未明の幹線道路は、
異様な光景となりました。

【警察アナウンス】
「国道26号線は完全封鎖されています。」

大阪・泉州地域を
南北に走る国道26号線。
夜から早朝の時間帯に
2万台が通過するとされる大動脈です。

昨夜10時からきょう午前5時まで
岸和田市総合体育館付近の
およそ2キロが完全封鎖されました。
計画では、最大11キロの
封鎖も想定されており、
周辺の店舗は・・・、
コンビニさえも、営業自粛・・・。
国道を行きかうのは
警察車両と警察官のみ。
大阪府警は、総勢900人態勢で
取締りを行いました。

一方で、集団暴走を見ようと
集まった「期待族」と呼ばれる野次馬。
去年は、2500人が集まったとされ、
大きな周辺トラブルになりましが、
今年は400人弱・・・。

封鎖された交差点で全ての車両が
Uターンする中、それでも
暴走まがいの車が数台いました。
一般車両も迂回する不便はありましたが
幹線道路を完全封鎖する全国的にも珍しい試みは、
一応の成果を見たカタチになりました。