トップページへ

電通を家宅捜索

1107%e9%9b%bb%e9%80%9a

大手広告会社、
電通の女性新入社員が
過労自殺した問題をめぐり、
厚生労働省はきょう
他にも長時間労働を
させていた疑いがあるとして
電通の家宅捜索に踏み切りました。

労働基準法違反の疑いで
捜索を受けたのは
電通の東京本社や関西支社など
4箇所です。

調べによりますと
電通では少なくとも複数の社員が
1カ月の残業時間を
実際よりも100時間以上
減らして申告をしていた
疑いがあるものです。
厚労省は押収した資料を分析し、
違法な長時間労働や
組織的な残業隠しの
実態の全容解明を目指します。