トップページへ

火災原因は車?ホンダ提訴

1-30%e3%80%80%e6%9c%ac%e7%94%b0

22年前、大阪市東住吉区で
小学6年生の女の子が死亡した火災に
関連するニュースです。

この事件で無罪が確定した母親が
火災の原因は車にあったとして
メーカーのホンダに対し
およそ5200万円の賠償を
求める訴えを、大阪地裁に起こしました。

この事件は1995年、
大阪市東住吉区で起きた住宅火災で
当時小学6年生だった
青木めぐみさんが死亡したものです。
母親の青木恵子さんら2人が
放火殺人罪などに問われ、服役しましたが、
去年8月にやりなおしの裁判で
2人の無罪が確定しました。

訴えによりますと
火災の原因は車庫に停めていた車からの
ガソリン漏れが原因で、

「ホンダは設計と製造の段階で
注意義務を怠った」

などとして、めぐみさんが死亡した
慰謝料などおよそ5200万円の
損害賠償を求めています。

一方、これまでにホンダ側は
青木さんの質問に対する回答で

「燃料漏れは設計や構造の不具合ではなく、
個別の故障によるもの」

と反論しています。